秀逸な記事を読む

選り抜き記事

Yukio Mishima.jpg
三島 由紀夫 (1925年 - 1970年)は、日本小説家劇作家随筆家評論家政治活動家皇国主義者。戦後の日本文学界を代表する作家の一人であると同時に、ノーベル文学賞候補になるなど、日本語の枠を超え、海外においても広く認められた作家である。代表作は『仮面の告白』『潮騒』『金閣寺』『近代能楽集』『サド侯爵夫人』などがある。修辞に富んだ絢爛豪華で詩的な文体古典劇を基調にした人工性・構築性にあふれる唯美的な作風が特徴。晩年は政治的な傾向を強め、民兵組織「楯の会」を結成。1970年楯の会隊員4名と共に自衛隊市ヶ谷駐屯地を訪れ東部方面総監を監禁。バルコニーでクーデターを促す演説をした後、割腹自殺を遂げた。満年齢と昭和の年数が一致し、その人生の節目や活躍が昭和時代の日本の興廃や盛衰の歴史的出来事と相まっているため、「昭和」と生涯を共にし、その時代の持つ問題点を鋭く照らした人物として語られることが多い。……
新しい記事を探す

新しい記事

  • 逆川は、茨城県水戸市を流れるである。逆川は一級水系那珂川に含まれるである。那珂川に合流する桜川の右支川で、茨城県が一級河川として管理している。総延長は5.8キロメートル、流域面積は10.3平方キロメートルで、……
  • トウモロコシ属は、イネ目イネ科に分類される植物の一。54亜種を含む。この属に分類される最もよく知られた分類群トウモロコシであり、この属唯一の栽培化された植物である。それ以外の野生種および野生亜種は「テオシント」(テオシンテ、ブタモロコシ)と総称され、……
  • 塩土化は、征服した街や土地に二度と人が住めない土地とするためにをまく呪いの儀式古代近東で生まれ、中世のさまざまな民話のモチーフとなった。塩分を含んだ土で育つ植物がほとんどないことを元にした儀式であるが、……
  • 古詩十九首は、南朝・昭明太子の手による文芸集『文選』巻二十九に収められている、無名氏(作者未詳)の19の五言詩を指す。以降に全盛を極める五言詩の起源とされ、『詩経』『楚辞』と並ぶ古代の詩歌として、後世の文人から特に愛された。……
新しい画像を探す

新しい画像

銅沼越しに磐梯山の山体崩壊跡の馬蹄カルデラを望む

銅沼越しに磐梯山の山体崩壊跡の馬蹄カルデラを望む

三倉鼻公園から望む八郎潟干拓地と夕日

三倉鼻公園から望む八郎潟干拓地と夕日

強化記事を読む

強化記事

季節の話題について

風物詩

もくじ

インフォメーション

ウィキペディアとウィキメディア・プロジェクトについて

ウィキメディアプロジェクト

ウィキペディアは日本語をはじめ約290の言語で執筆されています。全ての言語版についてはウィキペディアの一覧全言語版の統計をご覧ください。以下は特に規模の大きな言語版です。

ウィキペディアの運営主体は非営利団体ウィキメディア財団です。ウィキペディアの運営は皆様の寄付によって成り立っています。ご理解・ご協力賜りますようよろしくお願い申し上げます。