% ‰ ‱

パーセント記号 (%) は、パーセンテージ(百分率)を表すときに使用する記号で、数字の値の後ろに表記することで 100 分の 1 を表す。

同じような記号にパーミル記号 (‰) もあり、この記号は千分率を表し、1000 分の 1 を意味する。また、ほとんど見かけることはないが、10000 分の 1 を意味するパーミリアド記号()も存在する (en:Permyriad)。

由来

per cento

「p100」の用例。1339年。
「PCº」の用例。長い横棒は変形したCの一部。1425年。
「%」を正立させた記号の用例。1648年。

イタリア語の「per cento」(100あたり)に由来するとする説。過程が異なるバリエーションがあるが、以下では D.E.スミス による説明を中心にのべる。

古くは専用のパーセント記号はなく、「per cento」から、「per 100」「p 100」「p cento」などと書かれていた[1]

1425年ごろ、「PC」に「cento」の最終文字「o」を(序数標識「º」のように)小さな丸として添えた記号が現れた[2]

1650年ごろ、「Cº」の部分が変形し「%」を正立させたような記号になり[3]、さらに「P」が脱落した[4]

1925年ごろには、斜め線を使った形(Poor Richard font)が現代的とされた[5]

このほか、若干異なる次のような説明もある。

  • 「cento」の略記「c/o」に由来[6]
  • 「pc」の変形

    「/100」を変形させ、「/1」を1本の線に略して位置をずらし「%」とした[6]

スペース

数字と%の記号の間にスペースを入れる流儀と入れない流儀がある[7]

スペースを入れる