アメリカ州
Americas (orthographic projection).svg
面積 42,549,000 km²
人口 910,720,588人
国数 25
テンプレートを表示

アメリカ州(アメリカしゅう、: America/Americae西: América: América: Amérique: Americas)は、南北の両アメリカ大陸、およびカリブ海グリーンランドを含む周辺の島嶼海域の総称。米州

イタリア人の探検家アメリゴ・ヴェスプッチラテン語名に由来する地名ドイツの地図製作者マルティン・ヴァルトゼーミュラーによって1506年頃に命名された。

命名の由来

クリストファー・コロンブスのアメリカ海域到達を知ったアメリゴ・ヴェスプッチは、南アメリカ大陸北岸を探検し、「コロンブスより1年早く到達した」とする虚偽の書簡[要出典]1503年に発表した。

これを受けて、この土地がコロンブスの言うようなインドではなく新大陸であると確信したヴァルトゼーミュラーは、1507年フランスで出版したラテン語の書『宇宙誌入門』 (Cosmographiae Introductio) の解説文中で、この新大陸を、「発見」者であるアメリゴ・ヴェスプッチの名前よりアメリゲ (Amerige) 、あるいはラテン語名アメリクス・ウェスプキウス (Americus Vespucius) より、ヨーロッパ (Europa, エウローパ)、アフリカ (Africa, アーフリカ)、アジア (Asia, アーシア) と同様の女性形であるアメリカ (America) と呼ぶべきだと提唱した。なお、スペインおよびその植民地ではアメリカという呼称は用いられず、新大陸はインディアスとして知られていた[1]

後にヴァルトゼーミュラーは、ヴェスプッチが新しい土地の第一「発見」者ではなかったことを知ったが[要出典]、既にアメリカという名が全ヨーロッパに定着してしまっていた。

他にも、ジョン・カボットの航海の投資者であり、彼に沿岸地域の地図の作成を命じたリチャード・アメリク (Richard Amerik) の姓から採ったという異説も存在する。

アメリカ州の地域区分

世界地図上のアメリカ州