イノシシ
Zwijntje lowpx.jpg
イノシシ
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 鯨偶蹄目 Cetartiodactyla
亜目 : イノシシ亜目 Suina
: イノシシ科 Suidae
: イノシシ属 Sus
: イノシシ S. scrofa
学名
Sus scrofa Linnaeus1758
和名
イノシシ
英名
(wild) boar
Sus scrofa range map.jpg
  推測される本来の分布
  移入地域

イノシシ(猪・豬、英名: boar 学名:Sus scrofa)は、鯨偶蹄目イノシシ科の1種。十二支の12番目「」であり、と同じくらい鼻が非常に敏感だが、神経質な動物でもある。本種の家畜化ブタである。

名称

学名は「Sus scrofa」であり、リンネによる命名である。ウシウマなど他の家畜の学名では野生種より前に家畜種に命名されている例が多々あり、先取権の点から問題となった(審議会の強権により解決された)が、イノシシとブタの間ではそのような問題は起きなかった。古い大和言葉では「ヰ(ウィ)」と呼んだ。イノシシは「ヰ(猪)のシシ(肉)」が語源であり、シシは大和言葉で「」を意味する(「ニク」は音読み呉音)。現代中国語では、「猪(豬)」の漢字は主にブタの意味で用いられており、イノシシは「野猪(豬)」と呼んで区別する。

生息域

もともとはアジアヨーロッパなどを中心に生息していたが、人間によってイノシシまたはその家畜化されたブタが再野生化したものがアメリカ大陸オーストラリアなどにも放され、爆発的に生息域を広げることになった。分布地域によって個体に大きな差がかなりあり、米国アラバマ州では体長約2.8m、体重約470kgもある巨大なイノシシが過去には仕留められている。中国東北部のイノシシも体重300kg以上に達するものがある。日本には北海道を除いてニホンイノシシとリュウキュウイノシシの2亜種ないし八重山諸島のグループをさらに分けた3亜種が分布するが、いずれもイノシシの亜種ではなく、別種として分類すべきとの議論もなされている。

生態

泥浴中のイノシシ

古くから狩猟の対象とされてきた動物の一つであるが、非常に神経質で警戒心の強い動物である。普段より見慣れないものなどを見かけると、それをできるだけ避けようとする習性がある。

非常に突進力が強く、ねぐらなどに不用意に接近した人間を襲うケースも多い。イノシシの成獣は70kgかそれ以上の体重がある上、時速45kmで走る事も可能であり、イノシシの全力の突撃を受けると、大人でも跳ね飛ばされて大けがを負う危険がある。オスの場合にはも生えているため、たとえ立ち止まっている場合でもオスの場合は鼻先をしゃくり上げるようにして牙を用いた攻撃を行う。オスの牙は非常に鋭く、訓練された猟犬であっても縫合が必要な大きな裂傷や深い刺傷を負う場合があり、作業服程度の厚さの布も容易に切り裂いてしまうという[1]。この牙による攻撃はちょうど成人の太ももの高さに当たるため、人間が攻撃された場合、大腿動脈を破られて失血死するケースが多く、非常に危険である[1]。メスは牙が短い為、牙を直接用いた攻撃をする事は少ないが、代わりに大きな顎で噛み付く場合がある。メスであっても小動物の四肢の骨程度であれば噛み砕く程の力がある。

多くの匂いに誘引性を示し、ダニ等の外部寄生虫を落としたり体温調節をするために、よく泥浴英語版・水浴を行う。泥浴・水浴後には体を木に擦りつける行動もたびたび観察される。

特にイノシシが泥浴を行う場所は「沼田場(ヌタバ)」と呼ばれ、イノシシが横になり転がりながら全身に泥を塗る様子から、苦しみあがくという意味のぬたうちまわる(のたうちまわる)という言葉が生まれた。

生息域と食性

生息域は低山帯から平地にかけての雑草が繁茂する森林から草原であり、水場が近い場所を好む。食性は基本的に山林に生えている植物の地下茎など。冬場は葛根も食べる)・果実ドングリなど)・タケノコキノコなどを食べる、草食に非常に偏った雑食性(植物質:動物質≒9:1)である。芋類は嗅覚で嗅ぎ付け、で掘り起こして食べる。動物質は季節の変化に応じて昆虫類ミミズサワガニヘビなどを食べる。食味が良く簡単に手に入れられる農作物を求めて人家近辺にも出没することがある。穀物も採餌対象であり、田畑で実った[2]トウモロコシも食害にあう。鳥類アカシカ・小型哺乳類なども採餌するが、死骸が落ちていた時に食餌する。基本的には昼行性で日中に採餌のため徘徊するが、人間活動による二次的な習性で夜行性も示す。

寿命および生育

ウリ坊
イノシシの授乳

野生下での寿命は長くて10年であり、一年半で性成熟に達する。幼少期にはシマウリ(縞瓜)に似た縞模様の体毛が体に沿って縦に生えており、成体よりも薄く黄褐色をしている。イノシシの幼少期は天敵が多く、この縞模様は春の木漏れ日の下では保護色を成す。その姿かたちからウリ坊(ウリン坊とも言う)・うりんこうりっことも呼ばれ、この縞模様は授乳期を過ぎた生後約4か月程度で消える。

繁殖期は12月頃から約2か月間続く。繁殖期の雄は食欲を減退させ、発情した雌を捜して活発に徘徊する。発情雌に出会うと、その雌に寄り添って他の雄を近づけまいとし、最終的にはより体の大きな強い雄が雌を獲得する。雌の発情は約3日で終わり、交尾を終えた雄は次の発情雌を捜して再び移動していく。強い雄は複数の雌を獲得できるため、イノシシの婚姻システムは一種の一夫多妻であるとも言える。雄は長い繁殖期間中ほとんど餌を摂らずに奔走するため、春が来る頃にはかなりやせ細る。

巣は窪地に落ち葉などを敷いて作り、出産前や冬期には枯枝などで屋根のある巣を作る。通常4月から5月頃に年1回、平均4.5頭ほどの子を出産する。秋にも出産することがあるが、春の繁殖に失敗した個体によるものが多い。妊娠期間は約4か月。雄は単独で行動するが雌はひと腹の子と共に暮らし、定住性が高い。子を持たない数頭の雌がグループを形成することもある。

身体能力

イノシシの骨格

短い足とずん胴な体に見合わない優れた運動能力を持ち、最高では人間の短距離走世界記録保持者(100mを約9秒台後半〜10秒、時速36km強)をも凌ぐ約45km/hの速さで走ることが可能である。近畿中国四国農業研究センターの実験によると、70kgの成獣が121cmの高さのバーを助走もなしに跳び越えることができた。立体感のあるものは苦手で、斜めに立てられた柵は越えることができない[3]。扁平になった鼻の力(実際には首~上肢の力)はかなり強く、雄で70kg以上、雌でも50-60kgもある石を動かすことができる。

基本的には水を嫌い泳ぐことはないが、追い立てられたりして止むを得ず泳ぐこともある。犬かきで時速4km程度を出せ、30kmを泳ぐことも不可能ではないという[4]。瀬戸内海では島の間を渡る猪がたびたび目撃されている[5]

積極的に前進することや向こう見ずに進むことを「猪突猛進」といい、これはイノシシが真っすぐにしか進めないところからきていると言われているが、イノシシは他の動物と同様前進している際、目の前に危険が迫った時や危険物を発見した時は急停止するなどして方向転換することができ、真っすぐにしか進めないという認識は誤りである。

天敵

トラライオンヒョウオオカミクマワニ大蛇などの大型肉食動物と本種の生息地が被る際には、主に幼獣を含む中小の個体が他の有蹄類と同様に捕食対象となるが、逆に大型の個体では撃退はおろか返り討ちにするケースも見られる。なお、それらが生息していない地域や、過去には生息していたが現在では絶滅している地域では成獣への捕食者は人間以外にはほぼ存在しない。それらの地域では野犬やカラスキツネや大型の猛禽類等が幼獣を捕食する程度である。

分類

亜種

Mammal Species of the World, 3rd edition によれば、イノシシには16の亜種が確認されている[6]。ただしこの資料はブタを扱っていない。

  • Sus scrofa algira
  • Sus scrofa attila
  • Sus scrofa cristatus
  • Sus scrofa davidi
  • Sus scrofa leucomystax - ニホンイノシシ
  • Sus scrofa libycus
  • Sus scrofa majori
  • Sus scrofa meridionalis
  • Sus scrofa moupinensis
  • Sus scrofa nigripes
  • Sus scrofa riukiuanus - リュウキュウイノシシ
  • Sus scrofa scrofa
  • Sus scrofa sibiricus
  • Sus scrofa taivanus
  • Sus scrofa ussuricus
  • Sus scrofa vittatus

日本のイノシシ

日本列島には、イノシシの亜種であるニホンイノシシとリュウキュウイノシシの2亜種が分布している。ニホンイノシシは本州四国淡路島九州に生息し、リュウキュウイノシシは南西諸島奄美大島沖縄島石垣島西表島等に分布している[7]北海道は現代のイノブタを除き野生のイノシシが自然分布していない[8]

ニホンイノシシ

ニホンイノシシ(日本猪、S. scrofa leucomystax /英語: Japanese wild boar)は、本州四国九州淡路島小豆島に分布する。足が短くが苦手なため、豪雪地帯には分布しないとされてきたが、日本海側では平年値の積雪が2mを超える福井県の山間部にも出没するようになった。長野市須坂市など長野県北部の市街地でも目撃され、人的な被害も報告されている。また、太平洋側では宮城県南部が分布域の北限とされていたが、近年は北上傾向にあり、仙台市の西部にある奥羽山系泉ヶ岳の裾野での生息や仙台七夕用の竹の被害などが報告されている[9]。九州の離島では本土や他の島から泳いで渡ったとみられるイノシシによる農作物への被害が相次いでいる[10]

本亜種は狩猟対象獣であり、その商品価値は食肉用として高く、他の対象鳥獣と比較しても人気がある。その結果高い狩猟圧がかかるようになり、局所的な個体群の衰退も見受けられるが、逆に分布を拡大させている地域も多い。

ニホンイノシシの脚

体長は雄110–170cm、雌100–150cm、肩高60–90cm、尾長30–40cm、体重80–190kg(岐阜市で約220kgもの雄個体が捕獲されたこともある)で、雌は雄よりも小さく性的二型が見られる。全身茶褐色から黒褐色の剛毛で覆われる。指の数は前後ともに4本で、2個のを持つ。雌雄共に下顎の犬歯が発達して牙状になっており、雄は特に長い。雄の牙は生後1年半ほどで確認できるようになり、半月型に曲がった形で終生成長を続け、最大で15cmほどまでになる。上顎の犬歯も大きく、それが擦り合わさるよう下顎の犬歯が生えているため、常に研磨された状態の牙は非常に鋭い。ただ、この牙は後方に湾曲しているため、攻撃用というよりもむしろ護身用である。湾曲の度合いもブタと比べると緩い。

雑食性でクズヤマノイモなどの根やシイ類の堅果(ドングリ)、小動物(昆虫類ミミズ等)を捕食する。繁殖期は年1回(春頃)であるが、年2回出産することもある。

リュウキュウイノシシ

リュウキュウイノシシ(琉球猪、S. scrofa riukiuanus / 英語: Ryukyu wild boar)は、南西諸島奄美大島加計呂麻島請島与路島徳之島沖縄本島石垣島西表島に分布する固有亜種である。

沖縄方言ではヤマシシ[11]、ヤマンシー[12]と呼ばれる。奄美方言ではシシと呼ばれる[13]。西表島ではカマイと呼ばれる。

生態的な特徴はニホンイノシシと同様であるが、生息域が亜熱帯のためか、春と秋、双方に繁殖期がある。各島でその体長・体重には差異があるが、いずれもニホンイノシシと比較するとかなり小さく、体長は90–110cm、体重20–70kg程度である。ニホンイノシシが島嶼化(とうしょか)現象で小型化したとも考えられるが、頭骨の形状の違いなどから別種の原始的なイノシシとする見解もある。西表島及び石垣島の個体群はさらに小型で50kg程度にしかならず、また、沖縄本島及び奄美群島の個体群と遺伝的に異なっている上に頭骨の内、上顎骨にある涙骨と口蓋裂の形状、乳頭の数や位置に相違点があるとの報告があり、今後検討を経て別亜種とされる可能性が高い[14]

食性は雑食で、スダジイ等の木の実や小動物(昆虫類ミミズ等)を捕食し、夜間に農耕地に出没し、農作物を食害することもある。繁殖期は年に2回(10–12月、4–5月)で、年に1〜2回出産すると考えられている。 奄美群島のリュウキュウイノシシは頻繁にウミガメの卵を食べるようになったことが知られている[15][16]

徳之島の個体群は、環境省レッドリストで地域個体群に、鹿児島県版レッドデータブックでも絶滅危惧I類で掲載されており、保護の重要性は高い。西表島には比較的多くの個体が生息するが、森林開発や狩猟により全体的な個体数は減少傾向にある。

  • 絶滅のおそれのある地域個体群環境省レッドリスト):徳之島の個体群
  • 鹿児島県版レッドデータブック - 亜種:絶滅危惧II類、徳之島の個体群:絶滅危惧I類
  • 沖縄県版レッドデータブック - 情報不足

ブタ

もともとブタは、イノシシが家畜化されるうちに品種化していった動物であり、現代中国語で「猪」という単語/文字は一般的にブタを意味する。イノシシを表記したい場合、「野猪」と表記する(ブタを特に区別する場合は「家猪」と表記する)。日本列島では縄文時代にイノシシの飼養が行われていたが、ブタは弥生時代に大陸からすでに家畜化されたブタ(弥生ブタ)が持ち込まれたと考えられている。

イノシシの利用史

世界のイノシシ利用史

日本におけるイノシシ利用史

金生遺跡(配石遺構)

縄文時代にはシカとともに主要な狩猟対象獣であった。北海道や離島からも骨が出土しこれらの島には人為的に持ち込まれたと考えられている。

山梨県北杜市大泉町の金生遺跡八ヶ岳南麓に立地する縄文時代後期の遺跡で、配石遺構が出土したことが知られる。金生遺跡からは焼けたイノシシ幼獣の下顎骨がまとまって出土しており、馴化して飼養状態において、食用に間引いていたとも考えられている。

イノシシは多産であることから、縄文時代には豊穣の象徴として、縄文時代の精神世界においても重視されていたとされ、土器文様としてイノシシ装飾が見られる。金生遺跡の焼骨も何らかの祭祀に関わる遺物であると考えられている[17]

食用

歌川広重「名所江戸百景」より
猪肉(生、狩猟)[18]
100 gあたりの栄養価
エネルギー 122 kcal (510 kJ)
0.00 g
食物繊維 0.0 g
3.33 g
飽和脂肪酸 0.990
一価不飽和 1.300
多価不飽和 0.480
21.51 g
ビタミン
ビタミンA相当量
(0%)
0 μg
チアミン (B1)
(34%)
0.390 mg
リボフラビン (B2)
(9%)
0.110 mg
ナイアシン (B3)
(27%)
4.000 mg
ビタミンC
(0%)
0.0 mg
ミネラル
カルシウム
(1%)
12 mg
リン
(17%)
120 mg
他の成分
水分 72.54 g
ビタミンA効力 0 IU
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)

日本で獣肉食が表向き禁忌とされた時代も、山間部などでは「山鯨(やまくじら)」(肉の食感が鯨肉に似ているため)と称して食されていた。「薬喰い」の別名からもわかるように、滋養強壮の食材とされていた。「獅子牡丹」という成句から、獅子を猪に置き換えて牡丹肉(ぼたんにく)とも呼ばれる[19]。文芸では上方落語池田の猪買い」などに登場する。

南西諸島奄美大島沖縄本島西表島などにおいては、歴史的にも肉食のタブーの影響がないまま、リュウキュウイノシシが貴重なタンパク源としてよく食べられている。西郷隆盛も奄美大島で好んで食べたとされる。

日本においては、多くがシシ汁、シシ鍋として食べられてきた。近年は焼き肉、バーベキュー、炒め物にすることも増えている。奄美大島では保存性を目的にリュウキュウイノシシ肉の塩漬けも作られ、「ましゅちけぃしし」と呼ばれた。また、味噌漬けにする例もある。

イスラームユダヤ教などでは、豚肉と同様にイノシシの肉も忌避される。

食肉加工