座標: 北緯51度29分54秒 西経0度10分37秒 / 北緯51.498308度 西経0.176882度 / 51.498308; -0.176882

インペリアル・カレッジ・ロンドン
Imperial College London crest.svg
校訓 Scientia imperii decus et tutamen [1]
校訓(英語) Knowledge is the adornment and protection of the Empire
学校種別 公立、研究大学
設立年 1907年 (王室勅許)[2]
基金 £96.7 million[3]
学長 Alice Gast[4]
Visitor The Lord President of the Council ex officio
理事会人数
7,240[3]
学生数 14,735[3]
学部生数 8,931[3]
大学院生数 5,804[3]
所在地 イギリス
ロンドン
スクールカラー
                                        
所属
ウェブサイト imperial.ac.uk
Imperial logo.png
テンプレートを表示

インペリアル・カレッジ・ロンドン(英語: Imperial College London, ICL)は、ロンドンに本部を置くイギリスの公立研究大学である[3]。1907年に設置され、主に理化学科目を中心とした大学である。元々はロンドン大学のカレッジの1つであったが、創立100周年にあたる2007年7月にロンドン大学から独立した。法的な正式名称はthe Imperial College of Science, Technology and Medicineであるが[5]2002年よりImperial College Londonという略称を対外的に使用している。一般的には"Imperial"として知られており、今日において英国を代表する理系に特化した大学である。

インペリアルカレッジは特に理系において世界トップレベルに位置付けられており、科目別では、材料工学が世界3位、医学が4位、情報工学が7位である[6]。 総合では、Times Higher Education World University Rankings 2017で世界8位[1]、QS World University Rankings 2017で世界8位[2]に位置付けられている。さらに、15人のノーベル賞受賞者、2人のフィールズ賞受賞者、70人のRoyal Society のフェロー、82人のRoyal Academy of Engineeringのフェロー、78人のAcademy of Medical Sciencesのフェローを輩出している。

医学部工学部理学部からなる理系大学であり、学生数は学部生が約9000人、大学院生が約5300人である。この内約43%が留学生である。中国籍の留学生は13%にも及ぶ[7]

沿革

ロイヤル・スクール・オブ・マインズ

インペリアル・カレッジ・ロンドンの前身はシティ・アンド・ギルド・カレッジ、ロイヤル・スクール・オブ・マインズ、ロイヤル・カレッジ・オブ・サイエンスの3つのカレッジで、これらが1907年に合併。同年7月8日に当時の国王であるエドワード7世より大学設立を正式に許可されロンドン大学に統合、現在の形になった。

その後聖メアリー病院医学学校が1988年、ナショナル・ハート・アンド・ロング・インスティチュートが1995年、チャリング・クロス・アンド・ウェストミンスター医学学校が1997年に合併された。

2000年にはロンドン大学の農学部カレッジであるワイ・カレッジが合併したが、2007年9月からはワイが位置するケント州にあるケント大学によって運営される事となった。これによりワイ・カレッジの学生は学士をケント大学及びインペリアル・カレッジ提携ワイ・カレッジから受け取る事になる。

2004年には卒業生であるゲイリー・A・タナカの贈与でタナカ・ビジネス・スクール(現インペリアル・カレッジ・ビジネス・スクール)が作られ、英国女王であるエリザベス2世により開校された[2]。インペリアル・カレッジ・ビジネス・スクールはマネジメント教育を評価する3つの国際認証機関全てから認証を受けている世界でもごく少数のトリプルクラウン校(en:Triple accreditation、世界のビジネススクール13670校のうち58校)であり[3]MBAやマネジメントの学位を取得することが出来る。

創立100周年にあたる2007年の7月にはロンドン大学から独立した。以前まではロンドン大学の学位が与えられていたが、今後はインペリアル・カレッジ・ロンドンが独自に学位を授与することになった。

学術

インペリアル・カレッジ正門
  • Faculty of Engineering: 工学部
    • 航空宇宙工学科[4] (Aeronautics)
    • 生物工学科[5] (Bioengineering)
    • 化学工学科[6] (Chemical Engineering)
    • 土木・環境工学科[7] (Civil & Environmental Engineering)
    • 計算機工学科[8] (Computing)
    • 地球科学科[9] Earth Science & Engineering)
    • 電気・電子工学科[10] (Electrical & Electronic Engineering)
    • 材料工学科[11] (Materials)
    • 機械工学科[12] (Mechanical Engineering)
  • Faculty of Natural Sciences: 理学部
    • 化学科[13] (Chemistry)
    • 数学科[14] (Mathematics)
    • 物理学科[15] (Physics)
    • 生物学科[16] (Life Sciences)
    • 環境政策学センター[17] (Centre for Environmental Policy)
  • Faculty of Medicine: 医学部
    • 医学科[18] (Medicine)
    • イギリス国立心肺研究所[19] (National Heart & Lung Institute)
    • 公衆衛生スクール[20] (School of Public Health)
    • 外科・癌生物学科[21] (Department of Surgery and Cancer)