カルトQ
ジャンル クイズ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 小島俊一(4/g)
プロデューサー 加藤友和(フジテレビ)
阿部恒久(4/g)
島田大輔(4/g)
出演者 うじきつよし
中村江里子
エンディング 「カルトQのテーマ」(東京バナナボーイズ
番組初期
放送時間 火曜 25:10 - 25:40(30分)
放送期間 1991年10月22日 - 1992年3月
番組中期
放送時間 月曜 24:40 - 25:10(30分)
放送期間 1992年4月13日 - 9月28日
番組末期
放送時間 日曜 22:30 - 23:00(30分)
放送期間 1992年10月18日 - 1993年3月28日
テンプレートを表示

カルトQ』(カルトキュー)は、フジテレビ系列局で放送されたフジテレビ製作のクイズ番組である。製作局のフジテレビでは1991年10月22日から1993年3月28日まで放送。特定ジャンルに特化したマニアックな[要出典]問題が出題された。

概要

既存のクイズ番組とは一線を画し、特定ジャンルに徹底的に特化するマニアックなクイズ番組として、1991年に登場。クイズ番組としては珍しく深夜に放送された、「真夜中の狂信的(カルト)クイズ」。他にも『カノッサの屈辱』(1990年)など、個性的で独創的な番組を次々と送り出した事で知られる、1990年代前半のフジテレビの深夜番組黄金期(いわゆるJOCX-TV2)を代表する番組であり、1992年10月にはプライムタイム枠に昇格。本放送の終了後にはフジテレビ739(現・フジテレビONE)で再放送されていた。 第1回の「ブラックミュージック」を皮切りに、サブカルチャーオタク文化)を題材にしたテーマが多く採り上げられ、番組で扱われたテーマは50以上に上った(後述)。