ガレス・ベイル Football pictogram.svg
Liver-RM (2) (cropped).jpg
レアル・マドリードでのベイル(2018年)
名前
本名 ガレス・フランク・ベイル
Gareth Frank Bale[1]
ラテン文字 Gareth BALE
基本情報
国籍 イギリスの旗 イギリスウェールズの旗 ウェールズ
生年月日 (1989-07-16) 1989年7月16日(29歳)
出身地 カーディフ
身長 185cm[2]
体重 81,8kg[2]
選手情報
在籍チーム スペインの旗 レアル・マドリード
ポジション FW[2]
背番号 11
利き足 左足
ユース
ウェールズの旗 カーディフ・シヴィル・サーヴィス
1999-2006 イングランドの旗 サウサンプトン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2007 イングランドの旗 サウサンプトン 40 (5)
2007-2013 イングランドの旗 トッテナム・ホットスパー 146 (42)
2013- スペインの旗 レアル・マドリード 200 (92)
代表歴2
2005-2006 ウェールズの旗 ウェールズ U-17 7 (1)
2006 ウェールズの旗 ウェールズ U-19 1 (1)
2006-2008 ウェールズの旗 ウェールズ U-21 4 (2)
2006- ウェールズの旗 ウェールズ 70 (29)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年5月27日現在。
2. 2018年5月27日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ガレス・フランク・ベイルGareth Frank Bale, 1989年7月16日 - )は、イギリスウェールズカーディフ出身、ウェールズ代表サッカー選手プリメーラ・ディビシオンレアル・マドリード所属。ポジションはフォワード

デビュー当初は左サイドバックであったが、オフェンス力を買われて前線にコンバートされ左右ウィングを中心に起用されている。カリム・ベンゼマクリスティアーノ・ロナウドとの3トップはBBCと呼ばれた[3][4]

ウェールズ代表の最多得点記録の保持者[5]UEFA EURO 2016ではウェールズを初の決勝トーナメント進出に導いた

生い立ち

1989年ウェールズカーディフにて生まれる。2人兄弟の末っ子で、叔父クリス・パイクもフラムFCカーディフ・シティFCで活躍したサッカー選手であった[6]。非常に早い時期からスポーツの才能を開花させ、9歳の時にはすでにサウサンプトンのスカウトに声をかけられていた。ウィッチチャーチ高校では、教師の勧めによりホッケーラグビー長距離走など様々なスポーツに親しんだ。ちなみに14歳の時には100mを11.4秒で走っていたという[7]。幼少時代はアーセナルのファンであった[8]

クラブ経歴

サウサンプトン

2005年7月にサウサンプトンFCと契約。2006年4月17日のミルウォールFC戦に先発出場し、16歳275日でプロデビュー。セオ・ウォルコットに次ぐクラブ史上2番目に若いデビューとなった。2006年8月には対ダービー・カウンティ戦にてフリーキックでプロ入り後初となるゴールをあげた[9]。デビュー年からの目覚ましい活躍で、同年の2006年にBBCウェールズのヤング・スポーツ・パーソナリティ・オブ・ザ・イヤーに選ばれた[10]。またプロとして最初のシーズンながら、フットボールリーグ・ヤングプレーヤー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた[11]

トッテナム・ホットスパー

トッテナムでのベイル(2011年)

翌年の2007年には様々なクラブ間での争奪戦が行われた末、 トッテナム・ホットスパーFCに移籍金700万ポンド、4年契約で移籍(その当時の背番号は16)[12]。デビュー年から活躍し、フラムFC戦でファーストゴールをあげ[13]、対アーセナルFCではフリーキックでゴールを奪った[14]。 しかし、2007年の12月に対バーミンガム・シティ戦でファブリス・ムアンバにタックルを受け、右足の靭帯に大怪我を負う。そのため、長期の戦線離脱を余儀なくされた[15]。その結果、シーズン後半のすべての試合を欠場したが、2008年クラブは「能力に疑いの余地はない」と彼とさらに4年契約を結んだ[16]

トッテナム加入以降、リーグ戦24試合、約2年に渡ってベイルが出場した試合ではトッテナムが勝利することができないという事態が続いたが[17][18]、監督のレドナップは2009年9月26日のバーンリーFC戦で4-0とトッテナムのリードで迎えた85分からベイルを途中出場させ、このジンクスを終わらせた[19]

2009年には膝の手術を受けることを発表。2009-2010年シーズンの前半を欠場した[20]。その間、ブノワ・アスー=エコトにポジションを奪われ、怪我から復帰してもなかなか出場できない期間が続いた。 しかし、監督であるハリー・レドナップはカップ戦などで少しずつベイルにチャンスを与えるようになる[21]。2010年4月、アーセナルFC戦で復活の狼煙となるゴールをあげた[22]。さらに、その次の試合であったチェルシーFC戦では1-1の場面で2-1となる決勝点をあげ、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれた[23] 。この2戦の活躍により、プレミアリーグの4月の月間最優秀選手に選出された[24]。 後半のベイルの活躍もあり、このシーズンでクラブ史上初めてUEFAチャンピオンズリーグ出場権を得たトッテナムは、「クラブの新しい歴史を作って欲しい」とすぐに4年契約を提示。移籍の噂も流れたが、ベイルは契約延長にサインをした[25]

2010年10月20日、UEFAチャンピオンズリーグの対インテル戦(サンシーロ)にて、ハットトリックを達成[26]。さらに続く11月2日のホームでのインテル戦では2アシストを記録して勝利に貢献し、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれた[27]インテルのディレクターとして帯同し、この試合を観戦していたルイス・フィーゴは、ベイルの動きについて「本当にただただアメージングだった」と賞賛のコメントをした[28]。2011年4月17日、サミル・ナスリカルロス・テベスらを抑えてPFA年間最優秀選手賞を受賞した[29]

2011-12シーズン、チームはリーグ4位に入りながらもUEFAチャンピオンズリーグの出場権を得られず、ベイルの移籍も取り沙汰されたが、オフには2016年までの契約延長に合意した。背番号も3から、ラファエル・ファン・デル・ファールトより受け継いた11になった。

2012-13シーズン、主にトップ下でプレーするようになったベイルは[30]、リーグ戦で自己最多となる21ゴール(得点ランク3位)を挙げPFA年間最優秀選手賞PFA年間最優秀若手選手賞FWA年間最優秀選手賞を受賞した。最終節のサンダーランドAFC戦で決勝点となるミドルシュートを決めるもチームは惜しくもチャンピオンズリーグ出場権を逃した。

レアル・マドリード

レアル・マドリードに入団したベイル(2013年)

2013年9月1日、レアル・マドリードへの移籍が発表された[31]。移籍金は8600万ポンドと言われている。ベイルは左ウィングやトップ下でのプレーを得意としていたが[30]、左ウィングにポジションをとるクリスティアーノ・ロナウドの存在により主に右ウィングでプレーすることとなった。

2013年9月14日のデビュー戦のビジャレアルCF戦で、公式戦における移籍後初得点を挙げた。11月30日のバリャドリード戦ではハットトリックを達成した。2014年4月16日のコパ・デル・レイ決勝のFCバルセロナ戦では決勝点を決め、チームに国王杯をもたらした。続く5月24日のUEFAチャンピオンズリーグ決勝では、1-1で迎えた延長後半5分にディ・マリアのシュートの零れ球を頭で押し込む逆転弾を決め、2-1とするとチームはここからあと2点追加して4-1、ラ・デシマ(10度目のヨーロッパ制覇の事)を手繰り寄せた。二つのコンペティションのファイナルでいずれも決勝点を挙げる勝負強さを発揮した。

2014年10月、ウェールズ代表戦にて肉離れを起こし戦線離脱[32]。その間にイスコや新加入のハメス・ロドリゲスが活躍したことにより、ベイルのスターティングメンバー落ちを望む声も上がった[33]が、リーガ第11節のラーヨ・バジェカーノ戦でスターティングメンバーとして復帰すると、前半9分に先制点を記録した[34]。2014年のFIFAクラブワールドカップでは、2得点を挙げてチームメイトのセルヒオ・ラモスらと共に得点王になった。2015年に入ってからはしばらくゴールに見放され、自己中心的なプレーや守備への献身性の少なさなどもあって批判を受けた[35][36]

レアル・マドリードでプレーするベイル(2015年)

2015-16シーズンはリーガエスパニョーラでは23試合に出場し19得点を記録[37]。チャンピオンズリーグでは得点はなかったが[37]決勝戦ではセルヒオ・ラモスのゴールをアシストした[38]。その後、クラブの活躍や代表での活躍が評価され、アントワーヌ・グリーズマンクリスティアーノ・ロナウドとともに欧州最優秀選手賞最終候補に選ばれた。

2016-17シーズンは、2016年10月30日にレアル・マドリードとの契約を2022年まで延長したことが発表された。その後、11月22日のUEFAチャンピオンズリーグのグループリーグ、対スポルティング・リスボン戦で右足首を負傷、手術を行ったことで年末に開催されたFIFAクラブワールドカップ2016も欠場を余儀なくされた。2017年2月18日、第23節のRCDエスパニョール戦で怪我から約3か月ぶりに復帰を果たして得点も決めたが、その後もコンディションが万全になることはなく、4月23日に行われた第33節、FCバルセロナとのクラシコで怪我の再発により前半39分で交代、このシーズンのリーグ戦は19試合出場に留まった。シーズン絶望と思われたが、故郷カーディフで開催された2016-2017シーズン最終戦のUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦のユヴェントスFC戦には間に合い、後半77分から出場、チームは勝利して地元開催大会で優勝した史上6人目の選手となった[39]

2017年11月28日、CFフエンラブラダ戦でレアル・マドリード通算160試合目の出場となり、デビッド・ベッカムを超えて英国出身選手としてクラブ最多試合出場記録を更新した[40]。2018年5月26日のチャンピオンズリーグ決勝ではベンチスタートとなったが、1-1で迎えた後半61分にイスコとの交代でピッチに立つと、64分にマルセロのクロスにバイシクルシュートで合わせて追加点を奪った。83分には距離のある位置から無回転シュートで2点目を決めた[41]。決勝ではマン・オブ・ザ・マッチに選出された。

代表経歴

ウェールズ代表でのベイル(2016年)

2006年5月25日、ウェールズ代表としてトリニダード・トバゴ戦でデビューし[42]、16歳315日のウェールズ代表最年少記録を作った[43](2013年にハリー・ウィルソンが更新[44])。10月7日には、EURO2008予選スロバキア戦にて、フリーキックでウェールズ代表史上最年少ゴールを記録した[45]。 また、ベイルは祖母がイングランド人であることからイングランド代表としてプレーすることも選べたが、「ウェールズ代表としてプレーすることをとても誇りに思っている。僕のハートにはイングランド代表に対して奮い立つ気持ちはない」と声明を出している[46]

UEFA EURO 2016予選では7得点を上げ、ウェールズ代表史上初のUEFA EURO本大会出場に貢献した[47]。2016年6月に行われたUEFA EURO 2016ではGL第1戦スロバキア戦で直接フリーキックを決め、ウェールズ史上初のUEFA EURO本大会得点者となり、UEFA EURO本大会初勝利に貢献した[48]。続くGL第2戦イングランド戦でも直接フリーキックを決め、さらにGL第3戦のロシア戦でもゴールを決め、ウェールズ史上初となるUEFA EURO本大会グループステージ突破とベスト4入りに貢献した。

2018年3月22日の中国戦ではハットトリックを達成[5]。この3ゴールで代表通算29得点とし、イアン・ラッシュを抜きウェールズ代表の最多得点記録を更新した[5]

プレースタイル

フレンドリーマッチにて(奥がベイル)

2015年のFIFAの調査によると、ベイルのドリブル時の速度は36.9km/hで世界最速である[49]

フリーキックのキッカーとしても得意の無回転シュートでゴールをしている。スペインの新聞紙「エル・ムンド」はこの試合でのベイルを「スティーブ・オベットの様に走ることができ、ブライアン・ハバナのような体格を持ち、ブラジル人のような曲がるボールを蹴ることが出来る選手である」と絶賛した[50]。また、同じくウェールズ出身のサッカー選手ライアン・ギグスにプレースタイルが似ているため、ギグスの後継者ともいわれている。

ピッチ外では穏やかな性格の持ち主として知られ、トッテナムの元監督であるハリー・レドナップは「性格が凄くいい子なんだ。あんなに感じが良くて手がかからない子はそういないよ[51]。」と発言している

私生活

高校生時代からの恋人であったエマ・リース=ジョーンズとともに暮らしており、娘2人、息子1人の父親である[52][53]。 一切、アルコールを口にしない主義である[54][55]

2018年10月、税金未払いが発覚し、税務局から4300万円の支払いを命じられた[56]

個人記録

クラブでの成績

2018年2月14日

個人成績表
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 国際大会 その他 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
イングランド リーグ戦 FLカップ FAカップ UEFA CL UEFA EL その他 期間通算
2005-06 サウサンプトン 37 チャンピオンシップ 2 0 0 0 0 0 - - - 2 0
2006-07 22 38 5 3 0 1 0 - - 1 0 43 5
2007-08 トッテナム 16 プレミアリーグ 8 2 1 1 0 0 - 3 0 - 12 3
2008-09 3 16 0 5 0 2 0 - 7 0 - 30 0
2009-10 23 3 3 0 8 0 - - - 34 3
2010-11 30 7 0 0 0 0 9 4 - 2 0 41 11
2011-12 36 9 0 0 4 2 - 2 1 - 42 12
2012-13 11 33 21 1 1 2 1 - 8 3 - 44 26
スペイン リーグ戦 国王杯 - UEFA CL UEFA EL その他 期間通算
2013-14 R・マドリード 11 プリメーラ 27 15 5 1 - 12 6 - - 44 22
2014-15 31 13 2 0 - 10 2 - 5 2 48 17
2015-16 23 19 0 0 - 8 0 - - 31 19
2016-17 19 7 0 0 - 8 2 - - 27 9
2017-18 26 16 2 1 - 7 3 - 4 1 39 21
通算 リーグ通算 リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 UEFA CL UEFA EL その他 リーグ通算
イングランド FLC 40 5 3 0 1 0 - - 1 0 45 5
プレミア 146 42 10 2 16 3 9 4 20 4 2 0 203 55
スペイン プリメーラ 126 70 9 2 - 45 13 - 9 3 189 88
総通算 312 117 22 4 17 3 54 17 20 4 12 3 437 148

07-08、08-09シーズンは前身のUEFAカップ

その他の公式戦

タイトル

クラブ

サウサンプトンFC
トッテナム・ホットスパーFC
レアル・マドリード