キョウチクトウ
W kyoutikutou2071.jpg
キョウチクトウ
愛媛県城川町、2002年7月28日)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : キク類 Asterids
階級なし : 真正キク類I Euasterids I
: リンドウ目 Gentianales
: キョウチクトウ科 Apocynaceae
亜科 : キョウチクトウ亜科 Apocynoideae
: Nerieae
: キョウチクトウ属 Nerium
: セイヨウキョウチクトウ N. oleander
亜種 : キョウチクトウ N. o. var. indicum
学名
Nerium oleander
L.
var. indicum
(Mill.) O.Deg. et Greenwell[1]
シノニム

Nerium indicum
Mill.

和名
キョウチクトウ(夾竹桃)
英名
oleander

キョウチクトウ(夾竹桃、学名: Nerium oleander var. indicum)は、キョウチクトウ科キョウチクトウ属常緑低木もしくは常緑小高木和名は、タケに似ていること、モモに似ていることから。

分布・生育地

インド原産。日本へは、中国を経て江戸時代中期に伝来したという。

特徴

長楕円形で、両端がとがった形。やや薄くて固い。葉の裏面には細かいくぼみがあり、気孔はその内側に開く。

は、およそ6月より残暑の頃である9月まで開花する。花弁は基部が状、その先端で平らに開いて五弁に分かれ、それぞれがややプロペラ状に曲がる。ピンク黄色など多数の園芸品種があり、八重咲き種もある。

日本では適切な花粉媒介者がいなかったり、挿し木で繁殖したクローンばかりということもあって、受粉に成功して果実が実ることはあまりないが、ごくまれに果実が実る。果実は細長いツノ状で、熟すると縦に割れ、中からは長い褐色の綿毛を持った種子が出てくる。

有毒防御物質を持つため、食害する昆虫は少ないが、日本では鮮やかな黄色キョウチクトウアブラムシが、新しく伸びた寄生し、また、新芽つぼみシロマダラノメイガ幼虫が、で綴って内部を食べる。九州の一部や南西諸島では、キョウチクトウスズメスズメガ科)の幼虫が、葉を食べて育つ。

毒性

キョウチクトウは優れた園芸植物ではあるが、強い経口毒性があり、野外活動の際に調理に用いたり、家畜が食べたりしないよう注意が必要である。花、葉、枝、、果実すべての部分と、周辺の土壌にも毒性がある。生木を燃したも毒[2]腐葉土にしても1年間は毒性が残るため、腐葉土にする際にも注意を要する。

中毒症状は、嘔気・嘔吐(100%)、四肢脱力(84%)、倦怠感(83%)、下痢(77%)、非回転性めまい(66%)、腹痛(57%)などである[3]。 治療法はジギタリス中毒と同様である。

中毒事例