サッカーセルビア代表
国または地域 セルビアの旗 セルビア
協会 セルビアサッカー協会
愛称 Бели Орлови (White Eagles)
監督 セルビアの旗 ムラデン・クルスタイッチ
最多出場選手 ブラニスラヴ・イヴァノヴィッチ(104試合)
最多得点選手 サヴォ・ミロシェヴィッチ(35得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合 2006年8月16日チェコ
3-1
最大差勝利試合 2007年10月17日アゼルバイジャン
6-1
2008年11月19日ブルガリア
6-1
2012年9月11日ウェールズ
6-1
2009年10月10日ルーマニア
5-0
最大差敗戦試合 2012年10月12日ベルギー
0-3
FIFAワールドカップ
出場回数 2回(初出場は2010
最高成績 グループリーグ敗退 (2010,2018)
UEFA欧州選手権
2008年5月1日ダブリンで行われたアイルランド戦でのセルビア代表

サッカーセルビア代表Фудбалска репрезентација Србије)は、セルビアサッカー協会(FSS)によって編成されるセルビアサッカーのナショナルチームである。1992年-2003年までの同地域のナショナルチームに関してはサッカーセルビア・モンテネグロ代表を、1992年以前に関してはサッカーユーゴスラビア代表を参照すること。

歴史

2006年5月モンテネグロセルビア・モンテネグロからの独立の宣言、同独立のセルビアからの承認、及び欧州連合を初めとする国際社会の承認を経て、平和裏にモンテネグロの独立が達成され、1992年から継続してきた従来のセルビア・モンテネグロ(2003年まではユーゴスラビア連邦共和国)を解体した。

これに伴いサッカーのナショナルチームも分裂し、新たにセルビア代表が誕生した。ただし、モンテネグロの独立が成立したのは2006 FIFAワールドカップ直前であったため、2006 FIFAワールドカップには既に消滅していた国家、セルビア・モンテネグロ代表として出場した。

セルビア・モンテネグロ代表の経歴はセルビア代表に継承された。このため、セルビア・モンテネグロ代表として既に登録されていたUEFA欧州選手権2008予選にはセルビア・モンテネグロが登録していたグループAから出場した。同予選では下位のカザフスタンに敗れるなど勝ち点を伸ばせず、ポーランドポルトガルに次ぐ3位となり、UEFA欧州選手権2008本大会への出場を逃した。この結果を受けて、2006年7月からチームを率いていたスペイン人監督のハビエル・クレメンテが解任された。

クレメンテの後任にはセルビア人監督であるミロスラヴ・ジュキッチが就任したが、成績不振のためわずか半年余りで解任。同じくセルビア人のラドミル・アンティッチが代表監督となり、2010 FIFAワールドカップ出場を懸けて欧州予選にグループ7から出場した。同組はフランス、ルーマニア、リトアニア、オーストリア、フェロー諸島であったが格上と思われたフランスを上回る成績を残し、モンテネグロと分離して以来初の本大会進出を決めた[1]

本大会では初戦のガーナ戦に0-1で敗戦したが、第2戦のドイツ戦では38分にミラン・ヨヴァノヴィッチのボレーシュートで先制すると、その後もGKヴラディミル・ストイコヴィッチの活躍などもあってドイツの反撃を抑えて1-0で12年ぶりの勝利を収め、決勝トーナメント進出に望みを繋いだ[2]。しかし、第3戦のオーストラリア戦では終始オーストラリアのリードを許す展開となると、終了間際にマルコ・パンテリッチが1点を返すも1-2で敗戦し、1勝2敗でグループ4位となりグループリーグでの敗退が決まった[3]

EURO2012EURO2016では予選、2014 FIFAワールドカップは欧州予選でそれぞれ敗退したが、2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ではD組1位となり2大会ぶりのワールドカップ出場を決めた。

本大会ではグループEに入り、初戦のコスタリカ戦では1-0で勝利した。だが、2戦目のスイス戦では先制したものの後に逆転され、1-2で敗れた。3戦目のブラジル戦でも0-2と敗れ、1勝2敗の3位に終わりグループリーグ敗退となった。

FIFAワールドカップの成績

開催国 / 年 成績
南アフリカ共和国の旗 2010 グループリーグ敗退 3 1 0 2 2 3
ブラジルの旗 2014 予選敗退
ロシアの旗 2018 グループリーグ敗退 3 1 0 2 2 4
合計 出場2回 6 2 0 4 4 7

UEFA欧州選手権の成績