この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はダ・シウヴァ第二姓(父方の)はコスタです。
ジエゴ・コスタ Football pictogram.svg
Iran and Spain match at the FIFA World Cup 23.jpg
スペイン代表でのジエゴ・コスタ(2018年)
名前
本名 Diego da Silva Costa
ジエゴ・ダ・シウヴァ・コスタ
ラテン文字 DIEGO COSTA
ポルトガル語 Diego da Silva Costa
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1988-10-07) 1988年10月7日(30歳)
出身地 ブラジルの旗 ブラジル ラガルト
身長 188cm
体重 78kg
選手情報
在籍チーム スペインの旗 アトレティコ・マドリード
ポジション FW (CF)
背番号 19
利き足 右足
ユース
2004-2006 ブラジルの旗 バルセロナ・ジ・イビウーナ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006 ポルトガルの旗 ブラガ 0 (0)
2006 ポルトガルの旗 ペナフィエル (loan) 13 (5)
2007-2009 スペインの旗 アトレティコ・マドリード 0 (10)
2007 ポルトガルの旗 ブラガ (loan) 7 (0)
2007-2008 スペインの旗 セルタ・デ・ビーゴ (loan) 30 (5)
2008-2009 スペインの旗 アルバセテ (loan) 35 (9)
2009-2010 スペインの旗 レアル・バリャドリード 34 (8)
2010-2014 スペインの旗 アトレティコ・マドリード 94 (43)
2012 スペインの旗 ラージョ・バジェカーノ (loan) 16 (10)
2014-2018 イングランドの旗 チェルシー 89 (52)
2018- スペインの旗 アトレティコ・マドリード 15 (3)
代表歴2
2013 ブラジルの旗 ブラジル 2 (0)
2014- スペインの旗 スペイン 19 (9)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年5月31日現在。
2. 2018年6月16日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジエゴ・ダ・シウヴァ・コスタDiego da Silva Costa1988年10月7日 - )は、ブラジルセルジッペ州ラガルト出身のサッカー選手アトレティコ・マドリード所属。ポジションはフォワード

登録名はジエゴ・コスタ (DIEGO COSTA) 。ヂエゴ・コスタ、ディエゴ・コスタなどと表記されることもある。名選手ディエゴ・マラドーナにちなんでの名前だとは本人の弁。

クラブ経歴

プロ入り前

16歳までストリートサッカーをしていたが、2004年、サンパウロにあるバルセロナECポルトガル語版の下部組織に入団した[1]。バルセロナECではプロデビューすることなく、2006年2月1日、ポルトガル・スーペル・リーガSCブラガに移籍し、数か月間をリザーブチームで過ごした後に自身初のプロ契約を交わした[2]。2006年夏、半年間の契約でリーガ・デ・オンラ(2部)のFCペナフィエルにレンタル移籍した。

アトレティコ・マドリード

2007年1月、リーガ・エスパニョーラアトレティコ・マドリードに完全移籍した。アトレティコは150万ユーロを支払って保有権の50%を獲得している[3]。2006-07シーズンの後半戦は古巣のブラガにレンタル移籍し、UEFAカップパルマ戦 (1-0) でブラガでの初得点を挙げた。2007-08シーズンはセグンダ・ディビシオン(2部)のセルタ・デ・ビーゴに、2008-09シーズンはセグンダ・ディビシオンのアルバセテ・バロンピエにレンタル移籍し、それぞれのクラブでレギュラーとしてプレーした。

レアル・バリャドリード

2009年7月8日、セルヒオ・アセンホプラス金銭とのトレードという形でバリャドリードに完全移籍した。ただし、2009-10シーズン終了後にアトレティコに復帰できる買戻しオプションがつけられた[4]。序盤戦は調子がよく、出場した12試合で6得点を挙げたが、中盤戦から終盤戦にかけての期間は1点しか奪えず、チームはセグンダ・ディビシオン降格という結果に終わった。

アトレティコ・マドリード復帰

2010年6月、買戻しオプションを行使されて、移籍金100万ユーロでアトレティコ・マドリードに復帰した。2010年8月30日、スポルティング・ヒホン戦 (4-0) でプリメーラ・ディビシオンデビューし、当初はセルヒオ・アグエロディエゴ・フォルランの控えだったが、9月26日のレアル・サラゴサ戦 (1-0) ではアグエロの負傷欠場のために先発出場の機会を得ると、ホームの観客の前で決勝点となる移籍後初得点を挙げ[5]、その試合からリーグ戦3試合連続得点を記録した。キケ・サンチェス・フローレス監督は調子の上がらないフォルランを控えに降格させ、ジエゴ・コスタの出場機会が増加した。2011年4月3日、CAオサスナ戦 (3-2) ではチームの全得点となるハットトリックを達成した[6]。2011年7月下旬、プレシーズン中に膝に重傷を負い、2011-12シーズンの大半を欠場することになった[7]

2012年2月、ラーヨ・バジェカーノでプレーするコスタ。

2012年1月、ラーヨ・バジェカーノに6月までの期限付き移籍した[8]。移籍後最初の3試合で4得点を記録し、2月20日、レバンテUD戦では2得点を記録した[9]。最終的に16試合に出場し、10得点を記録した。

2012–13シーズン、アトレティコに復帰し、コパ・デル・レイではヘタフェCF戦 (3-0) で2得点を記録し、レアル・ベティス戦でも得点を記録し、準決勝進出に貢献した。準決勝第1戦のセビージャFC (2-1) 戦では2本のPKで得点を記録[10]、第2戦では自身の得点に加え、ラダメル・ファルカオの得点をアシストした[11]

決勝戦のレアル・マドリード戦では同点ゴールを記録し、チームの優勝に貢献した[12]コパ・デル・レイで8得点を記録し、クリスティアーノ・ロナウドを抑えて得点王を獲得した[13]

2013年、アトレティコ・マドリードでプレーするコスタ。

2013–14シーズン、リーグ戦初戦のセビージャFC戦で2得点を記録し[14]レアル・マドリードとのマドリードダービーでは唯一の得点を記録し勝利に貢献した[15]。2013年10月22日、UEFAチャンピオンズリーグFKアウストリア・ウィーン戦でチャンピオンズリーグデビューし、2得点を記録した[16]。2月19日、第1戦ACミラン戦でガビのコーナーキックから得点[17]。第2戦でも2得点し、17年ぶりに準々決勝に導いた[18]

2014年4月30日、チャンピオンズリーグ準決勝第2戦チェルシーFC (3-1) 戦ではPKから得点し、1974年以来の決勝進出を果たした[19]。リーグ戦では27得点を記録し、 クリスティアーノ・ロナウドリオネル・メッシに次ぐ得点ランク3位に入った[20]。また1996年以来、18年ぶりにリーグ優勝を達成した[21]

チェルシーFC

2014年7月1日、イングランドのチェルシーFCに移籍することで合意に達した。違約金は4000万ユーロ(約56億円)とされている[22][23][24]。15日、5年契約での移籍が完了した[25][26]。7月27日のプレシーズンマッチで初出場を果たし、同じく新加入のセスク・ファブレガスのアシストから初得点を記録。8月18日に行われたプレミアリーグ第1節バーンリーFC戦で公式戦初得点を記録すると[27]、その後のリーグ戦2試合でも得点を挙げ、8月のリーグ月間最優秀選手に選出された[28]。9月13日に行われたリーグ第4節のスウォンジー・シティAFC戦においてハットトリックを達成した[29]

アトレティコ復帰

2017年9月21日、アトレティコ・マドリードとチェルシーFCがクラブ間合意したことが発表され[30]、9月26日にアトレティコ加入が正式に決定した[31]。アトレティコは夏の移籍市場における補強が禁止されているために加入は2018年1月になる。1月3日の国王杯、リェイダ・エスポルティウ戦で復帰し復帰後初ゴールを決めた。6日のリーガ、ヘタフェ戦では復帰後リーグ初ゴールを決めるが、直後のゴールセレブレーションが理由で2枚目のイエローで退場となった[32]UEFAヨーロッパリーグ準決勝アーセナルFC戦第2戦では決勝ゴールを決め、ファイナル進出を助けた。

2018年UEFAスパーカップでは2ゴールを決め、ライバルレアルマドリードを下しての勝利を助けた。

代表経歴

ブラジル代表

2013年3月にブラジル代表に招集され、同月に行われたイタリア代表ロシア代表との親善試合に出場した[33]

スペイン代表

2013年10月にスペインサッカー協会はジエゴ・コスタがスペイン代表を選択したと発表した。当時のブラジル代表監督のルイス・フェリペ・スコラーリはジエゴの決断を「裏切り」と批判した。元ブラジル代表のペレは「選ぶ権利は彼にある。スペインでチャンスを得て、そこにとどまることを選んだ。過去にブラジルで正当な評価を受けなかったと思っていたなら、正しい判断だったのでは」と擁護している[34]。スペイン代表として同年11月の赤道ギニア代表南アフリカ代表との親善試合に招集されたが負傷で辞退した[35]。2014年3月5日のイタリア代表との親善試合で再招集され、初出場を果たした[36]。2014年10月12日のUEFA EURO 2016予選ルクセンブルク戦で代表初得点を挙げた[37]

2018 FIFAワールドカップのスペイン代表のメンバーに召集された。初戦のポルトガル戦では2得点の活躍でチームの引き分けに貢献、第2戦イラン戦では決勝ゴールを決め、決勝トーナメント進出を助けた。

個人成績

クラブ シーズン 国内リーグ 国内カップ 欧州カップ その他 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ペナフィエル 2006-07 13 5 - - 0 0 0 0 13 5
ブラガ 7 0 - - 2 1 0 0 9 1
セルタ 2007-08 30 6 - - 0 0 0 0 30 6
アルバセテ 2008-09 35 10 - - 0 0 0 0 35 10
バリャドリード 2009-10 34 8 2 1 0 0 0 0 36 9
アトレティコ・マドリード 2010-11 23 6 5 1 6 1 0 0 34 8
2011-12 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ラーヨ・バジェカーノ 16 10 0 0 0 0 0 0 16 10
アトレティコ・マドリード 2012-13 31 10 8 8 5 2 0 0 44 20
2013-14 35 27 8 1 9 8 0 0 52 36
クラブ シーズン 国内リーグ FAカップ リーグカップ 欧州カップ 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
チェルシー 2014-15 26 20 1 0 3 1 7 0 37 21
2015-16 28 12 4 2 1 0 8 2 42 17
2016-17 35 20 4 1 2 0 0 0 41 21
クラブ シーズン 国内リーグ 国内カップ 欧州カップ その他 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
アトレティコ・マドリード 2017-18 15 3 3 2 5 2 0 0 23 7
通算 256 100 30 12 3 1 29 12 315 124

代表歴

出場大会

タイトル

クラブ

アトレティコ・マドリード
チェルシーFC