スイス連邦
Schweizerische Eidgenossenschaft(ドイツ語)
Confédération Suisse(フランス語)
Confederazione Svizzera(イタリア語)
Confederaziun Svizra(ロマンシュ語)
Confoederatio Helvetica(ラテン語)
スイスの国旗 スイスの国章
国旗 国章
国の標語:Unus pro omnibus, omnes pro uno
ラテン語:一人はすべてのために、そして、すべては一人のために)
国歌Schweizerpsalm(ドイツ語)
Cantique Suisse(フランス語)
Salmo Svizzero(イタリア語)
Psalm Svizzer(ロマンシュ語)
スイスの賛歌
スイスの位置
公用語 ドイツ語スイスドイツ語
フランス語
イタリア語
ロマンシュ語
首都 ベルン[1]
最大の都市 チューリッヒ
政府
連邦大統領 アラン・ベルセ
連邦参事会
 (内閣
ウエリ・マウラー(副大統領)
ドリス・ロイトハルト
シモネッタ・ソマルーガ
ヨハン・シュナイダー=アマン
ギー・パルムラン
イニャツィオ・カシス英語版
連邦事務総長ヴァルター・トゥルンヘアドイツ語版フランス語版
面積
総計 41,290km2132位
水面積率 3.7%
人口
総計(2010年 7,870,000人(93位
人口密度 190人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(2013年 5,582億[2]スイス・フラン
GDP (MER)
合計(2013年 6,504億[2]ドル(20位
GDP (PPP)
合計(2013年4,320億[2]ドル(39位
1人あたり 53,977[2]ドル
建国
同盟1291年8月1日
ヴェストファーレン条約(独立の承認)1648年10月24日
連邦憲法制定1848年9月12日
通貨 スイス・フラン (CHF)
時間帯 UTC +1(DST:+2)
ISO 3166-1 CH / CHE
ccTLD .ch
国際電話番号 41
  1. ^ スイス連邦憲法では正式な首都は定められていない。憲法上ベルンは「連邦都市」と定められており、これを事実上の首都と見なしている。
  2. ^ a b c d IMF Data and Statistics”. 2015年1月17日閲覧。

スイス連邦(スイスれんぽう)、通称スイス中央ヨーロッパにある連邦共和制国家。永世中立国であるが、欧州自由貿易連合に加盟しているほかバチカン市国衛兵スイス傭兵が務めている。歴史によって、西欧に分類されることもある。

ドイツフランスイタリアオーストリアリヒテンシュタインに囲まれた内陸に位置し、国内には多くの国際機関の本部が置かれている。首都ベルンで、主要都市にチューリッヒジュネーヴバーゼルローザンヌなど。

国名

スイス連邦の正式名称は4種の公用語ドイツ語フランス語イタリア語ロマンシュ語[1])で定められているが、硬貨切手などのように4種を併記する余裕がない場合、単独で使用することが許されるラテン語の国名(Helvetiaヘルヴェティア共和国も参照)が定められている。

正式国名と同様に通称も5種類ある。

  • ドイツ語名:Schweiz[2]
  • フランス語名:Suisse[3]
  • イタリア語名:Svizzera[4]
  • ロマンシュ語名:Svizra[5]
  • ラテン語名:Helvetia[6]

公用語ではないが、スイスドイツ語ではSchwiizerischi Eidgnosseschaft、略称Schwiiz(シュヴィーツ。通常はD′Schwiizと表記する)。ドイツ語およびスイスドイツ語の正式名称にあたるEidgenossenschaft(アイトゲノッセンシャフト)とは「誓約者同盟」という意味で、通常の「連邦(Bund)」とは異なる。

略称(国名コード ISO 3166-1 alpha-2:ラテン文字2文字による国名コード)には、ラテン語名の頭字語であるCHを用いる。

公式の英語表記はSwiss Confederation(スウィス・コンフェデレイション)、通称はSwitzerland(スウィツァランド) で国民・形容詞ともSwiss(スウィス)。

日本語表記はスイス連邦、およびスイス漢字による当て字では瑞西と表記し、と略す(スウェーデンも瑞典と当て字し、瑞と略すが、両者を区別する時にはスウェーデンを典と略す)。稀にドイツ語の正式名称から「スイス誓約者同盟」と訳されることがある。また、古くはス井ス[7]スヰス[8]と表記されることもあった。

国名は、スイス建国の中心的役割を果たしたシュヴィーツ州に由来する。Schwyz(シュヴィーツ)は、古代ドイツ語で「酪農場」を意味する語が訛ったものだとされる。日本語表記の「スイス」はフランス語または英語形容詞に由来する。ラテン語名は、古代ローマの支配が及ぶ前からベルン周辺に住んでいたケルト系先住民族「ヘルウェティイ族」に由来する。ドイツ語辞書によると「スイス人」を表すSchweizer(男性名詞)、Schweizerin(女性名詞)には「熟練乳搾り人」「教会堂番人」「ローマ教皇近衛兵」、さらに「スイス製チーズ」の意味も含まれる。

歴史

スイスのルツェルンの砂岩の断崖に刻まれたライオン記念碑[9]
フランス革命の際にルイ16世の命令を守り、降伏後に市民に無抵抗のまま殺害されたスイス人傭兵達を偲んで作られた。
国土の大半が山岳地帯であり、工業が育ちにくく貧しかったスイスを支えたのは「血の輸出」と呼ばれる傭兵の派遣だった。