セリオン
セリオン
セリオン (秋田市)の位置(秋田県内)
セリオン (秋田市)
情報
施工 大林組東亜建設工業
建築主 ポート秋田
事業主体 秋田市
管理運営 東北ダイケン秋田支店
構造形式 鉄骨造(タワー棟)
鉄筋コンクリート造(低層棟)
建築面積 2,190m2[1]
延床面積 4,747m2[1]
階数 地上5階(タワー棟)
地上2階(低層棟)
高さ 143.6m[1]
着工 1992年2月
竣工 1994年2月
開館開所 1994年4月8日
所在地 011-0945
秋田県秋田市土崎港西一丁目9番1号
座標 北緯39度45分9.8秒 東経140度3分39.6秒 / 北緯39.752722度 東経140.061000度 / 39.752722; 140.061000 (セリオン)座標: 北緯39度45分9.8秒 東経140度3分39.6秒 / 北緯39.752722度 東経140.061000度 / 39.752722; 140.061000 (セリオン)
テンプレートを表示

セリオン (SELION[2][3]) は、秋田県秋田市土崎港秋田港にあるポートタワー、およびタワーを含む施設群である[4]。タワーの正式名称は秋田市ポートタワー(2007年に秋田ポートタワーから改称)。本項ではタワーを指して「セリオン」の名称を用い、周辺の施設やスポットについても併せて記述する。

セリオンを含む施設群は道の駅あきた港として道の駅[4][5]みなとオアシスあきたとしてみなとオアシスに登録されている。また、「恋人の聖地」に認定されている土崎湊町恋のまちの一部でもある[6]

概要

全高143m、展望室(無料)の高さは100m。6,272枚の強化ガラスで囲まれたガラスタワー[1]

日本海寒風山をはじめとする男鹿半島の山並みのほか、秋田市街や太平山鳥海の山々を望む事ができる観光スポットである。日本海に沈む夕日も一望できる。

夜間はイルミネーションが点灯される。イルミネーションの色は時々変更される。たとえば、2008年6月には植樹祭のPRのため、緑を基調とした光が点灯された。

1・2階は貸し店舗・貸しホール[1][7]。エレベーターで昇って高層階は5階が展望室、4階がスカイラウンジ(飲食店舗)、3階がギャラリー[1][7]

「セリオン」 (SELION) の名称は公募(全国から約6,300件)で選ばれたもので、"sea" と "pavilion" の合成語である[3]

セリオンに隣接して、ガラス張りの屋内緑地の癒し空間である「セリオンリスタ」、多目的ホール・休憩施設の「秋田港振興センター」(セリオンプラザ)がある。また、港湾通をはさんで向かい側に商業施設「秋田ベイパラダイス」がある。


道の駅・みなとオアシス

あきた港
ポートタワーセリオン
道の駅あきた港の案内板(セリオンプラザ前)
登録路線 国道7号
登録回 第33回 (05028)
登録日 2010年3月1日
開駅日 2010年7月31日
営業時間 9:00 - 21:00
所在地 011-0945
秋田県秋田市
土崎港西一丁目9-1
座標
外部リンク
国土交通省案内ページ
全国道の駅連絡会ページ
公式ウェブサイト
 
テンプレート プロジェクト道の駅

セリオン、セリオンプラザ、セリオンリスタの3施設は、道の駅あきた港として道の駅[4][5]みなとオアシスあきたとしてみなとオアシスに登録されている。道の駅の登録上の路線名は国道7号であるが、実際には秋田県臨港道路13号線(港湾通)の沿線上にある。

道路

  • 国道7号 - 登録路線
  • 秋田県臨港道路13号線(港湾通) - 接続する路線
    • 駐車場 [8]
      • 普通車:191台
      • 大型車:5台
      • 身障者用:3台
    • トイレ(24時間利用可能)
      • 男:大4器、小8器
      • 女:12器
      • 身障者用:1器
      • 小児用:3器
    • 公衆電話:1台
    • 無料休憩コーナー
    • 情報コーナー
    • 地場産品展示販売コーナー・レストラン
    • 自動販売機コーナー
    • イベント広場
    • 多目的ホール
    • 鑑賞温室
    • 公園
    • 展望台

    休館日

    • なし(年中無休)
    • イベント広場、多目的ホールは年末年始

恋人の聖地

セリオンなどは、NPO法人地域活性化支援センター(静岡県)により秋田県初の「恋人の聖地」として認定されている土崎湊町恋のまちのデートコースである。

恋人の聖地プロジェクト公式サイトでは、デートスポットとして、セリオン、「結び石」、ベイパラダイス、セリオンリスタなどを紹介している[6]

ベイパラダイスはセリオンから港湾通を挟んで向かいにあり、結び石はベイパラダイス正面出入口から出て左に約20メートルの場所にある(階段を上る)。

ベイパラダイス屋上にはハートのモニュメント「キューピットの矢」があり、実際にその場所に行けるほか、セリオンの展望室から見下ろすこともできる。

結び石は男鹿石を使用して作られたもので、その側面には貫通した穴があり、穴の中央に赤い石がある。穴の両側から恋人がそれぞれ手を入れて手を結び、2人の恋のこれからの縁を願うものとされる[6]。表側には「恋人の聖地」選定委員の桂由美ファッションデザイナー)の名前とともに認定文が彫られたプレートがはめ込まれている。認定文の内容は以下の通りである。

Yumi Katsura Lover's Sanctuary
Here I declare this land as "Lover's Sanctuary" to impart the joy and the magic of encounters, blissful marriages, and raising a happy home. I send my blessings to your encounters and wish you a wonderful future.
SINCE 2006
Bridal Mother 桂 由美 NPO法人 地域活性化支援センター
現地プレートより
桂由美 恋人の聖地(参考訳文) —  ここに、この地が「恋人の聖地」であることを宣言し、出会いの喜びや不思議と、最高なご結婚と、幸せなご家庭のご構築をお授けいたします。皆様の出会いに祝福をお送りするとともに、素晴らしい未来が来ることをお祈りいたします。
2006年[9]
ブライダル・マザー(「結婚の生みの親」)桂由美

なお、結び石の前にはベンチがいくつか設置されており、港やセリオンを眺めながら休憩できるようになっている。

土崎港地区の住民の苗字には、越前谷・越前屋・越中谷・越中屋・越後谷・越後屋・加賀谷・加賀屋・播磨谷・播磨屋・近江谷・能登谷・佐渡谷・丹後谷・三国谷など他の地方から集まったことを表すものが多く、それが縁結びの地である所以の1つとされる[6]

沿革