トマム駅*
駅舎 (2011年9月)
駅舎 (2011年9月)
トマム
Tomamu
K21 占冠 (21.3km)
(33.8km) 新得 K23
所在地 北海道勇払郡占冠村字中苫鵡
駅番号 K22
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 石勝線
キロ程 98.6km(南千歳起点)
電報略号 トム
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1981年昭和56年)10月1日[1]
備考 無人駅
*:1987年(昭和62年)2月1日に「石勝高原駅」より改称
テンプレートを表示

トマム駅(トマムえき)は、北海道勇払郡占冠村字中苫鵡(なかとまむ)にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石勝線である。駅番号K22事務管コードは▲132149[2]

概要

駅周辺は石勝線開通後にリゾート開発が進み、ホテルやスキー場がある。利用者もこれらのリゾート施設の利用者が主である。標高538mの地点にあり、道内において現存する旅客を取り扱う停車場としては最も標高が高い[注釈 1]

開業時から定期普通列車は運行されていないため、当駅を含む新夕張 - 新得間のみ特急「スーパーおおぞら」・「スーパーとかち」の自由席を利用する場合に限り、特急料金不要の特例がある。

駅名の由来

建設中は上トマム駅(かみとまむえき)の名称で計画されたが[3]、開業時には創作地名の石勝高原駅(せきしょうこうげんえき)として開業した。しかし、1987年(昭和62年)に所在地名(苫鵡)に由来する「トマム」に改称された[4]。地名はアイヌ語で「湿地」を意味する「トマ(Tomam)」に由来する[5]

歴史