この項目にはブラーフミー系文字(インド系文字)が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細
ネパール連邦民主共和国
संघीय लोकतान्त्रिक गणतन्त्र नेपाल
ネパールの国旗 ネパールの国章
国旗 国章
国の標語:जननी जन्मभूमिष्च स्वर्गादपि गरियसि
ラテン文字転写:Janani Janmabhumishcha Swargadapi Gariyasi
(サンスクリット語:祖国は天国より素晴らしい)
国歌国歌(題名無し)
ネパールの位置
公用語 ネパール語
首都 カトマンズ
最大の都市 カトマンズ
政府
大統領 ビドヤ・デビ・バンダリ
副大統領英語版 ナンダ・キショール・プン
首相K.P.シャルマ・オリ
面積
総計 147,181km293位
水面積率 2.8
人口
総計(2011年 26,490,000人(41位
人口密度 179.98人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(2013年 1兆7,012億[1]ネパール・ルピー
GDP (MER)
合計(2013年 193億[1]ドル(107位
GDP (PPP)
合計(2013年421億[1]ドル(99位
1人あたり 1,508[1]ドル
全土統一1768年
通貨 ネパール・ルピー (NPR)
時間帯 UTC (+5:45)(DST:なし)
ISO 3166-1 NP / NPL
ccTLD .np
国際電話番号 977

ネパール連邦民主共和国(ネパールれんぽうみんしゅきょうわこく)、通称ネパールは、南アジア連邦共和制国家

東、西、南の三方をインドに、北方を中国チベット自治区に接する西北から東南方向に細長い内陸国である。国土は世界最高地点エベレスト(サガルマータ)を含むヒマラヤ山脈および中央部丘陵地帯と、南部のタライ平原から成る。ヒマラヤ登山の玄関口としての役割を果たしている。面積は約14.7万km。多民族多言語国家であり、民族カーストが複雑に関係し合っている。また、宗教ヒンドゥー教(元国教)、仏教アニミズム等とその習合が混在する。

農業を主たる産業とし、ヒマラヤ観光などの観光業も盛んである。後発開発途上国であると分類されている。世界で唯一矩形(長方形)でない国旗を持つ国である。


ヒマラヤ山脈
ネパールの標高図
人口密度を表した図

国名

正式名称はネパール語デバナガリ(デーヴァナーガリー)文字संघीय लोकतान्त्रिक गणतन्त्र नेपालラテン文字転写表記はsaṅghīya loktāntrik gaṇatantra nepāl。略称गणतन्त्र नेपालラテン文字転写表記はgaṇatantra nepāl。通称नेपाल [neˈpal] ( 音声ファイル)ラテン文字転写表記はNepāl。公式の英語表記はFederal Democratic Republic of Nepal、略称はRepublic of Nepal、もしくはNepal[2]日本語表記は、ネパール連邦民主共和国[3]、略称はネパール漢字表記は、尼婆羅

2008年王制廃止、2015年9月公布の憲法により、7州による連邦制国家となった[4][5]。マオバディ(毛沢東主義者、マオイスト)は2001年、ネパールの全土に9自治区を設置する構想を発表、実効支配領域内において、2004年初頭までに、首都圏のカトマンズ盆地を領域とするネワール族のための「ネワ自治区」を除く8自治区の「人民政府」を発足させている。

歴史

「古代」「中世」「近代」「現代」を分ける区切りは、『ネパール全史』(佐伯和夫、明石書店)に依った。

先史時代・伝説時代