ハナロカード
Cashbee-HanaroCard.jpg
各種表記
ハングル 하나로카드
漢字 -
発音 ハナロカドゥ
テンプレートを表示

ハナロカード は、釜山広域市ソウル特別市仁川広域市京畿道慶尚南道梁山市などで使用可能な交通系ICカードの名称である。2012年から製造が中止され、キャッシュビー対応のカードを発行している。

概要

ハナロカードは、1997年9月7日に試験運用が開始された後、1998年2月3日から釜山広域市内のバス・都市鉄道で全面的に利用が開始され、同年8月20日にはマウルバスと都市高速道路で利用が可能になった。キャッシュビー発売以来、2012年4月から古いハナロカードは中止され、キャッシュビー対応のカードが発行されている。

歴史

  • 1998年2月3日 ‐ 釜山広域市内のバス・地下鉄で利用を開始。
  • 2008年11月26日 ‐ 梁山市で利用開始になった。
  • 2009年1月10日 - ソウル特別市、京畿道、仁川広域市でも利用可能に。
  • 2009年4月10日 - 済州特別自治道西帰浦市、済州市で利用可能に。
  • 2012年4月 - キャッシュビー対応のハナロカードの発売開始。

導入事業者・加盟店など