パブロ・ピカソ
Pablo Picasso
Pablo picasso 1.jpg
ピカソ(1962年)
生誕 パブロ・ディエゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ・ファン・ネポムセーノ・マリア・デ・ロス・レメディオス・クリスピニアーノ・デ・ラ・サンティシマ・トリニダード・ルイス・イ・ピカソ
Pablo Diego José Francisco de Paula Juan Nepomuceno María de los Remedios Cipriano de la Santísima Trinidad Ruiz y Picasso[1]

(1881-10-25) 1881年10月25日
スペインの旗 スペイン王国マラガ
死没 1973年4月8日(1973-04-08)(91歳)
フランスの旗 フランスムージャン
墓地 ヴォーヴナルグ城[2]
北緯43度33分15秒 東経5度36分16秒 / 北緯43.554142度 東経5.604438度 / 43.554142; 5.604438
国籍 スペインの旗 スペイン
教育 ホセ・ルイス・ブラスコ (父)
王立サン・フェルナンド美術アカデミー
著名な実績 絵画彫刻版画陶芸舞台美術、著作
代表作 La Vie(人生) (1903)
Family of Saltimbanques(サルタンバンクの一家) (1905)
アビニヨンの娘たち (1907)
Portrait of Daniel-Henry Kahnweiler(ダニエル=ヘンリー・カーンワイラーの肖像) (1910)
Girl before a Mirror(鏡の前の少女) (1932)
Le Rêve (夢) (1932)
ゲルニカ (1937)
泣く女 (1937)
運動・動向 キュビズムシュールレアリズム
配偶者 オルガ・コクローヴァ
(m. 1918; d. 1955)

ジャクリーヌ・ロック
(m. 1961)
この人に影響を
与えた芸術家
ディエゴ・ベラスケスアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックフィンセント・ファン・ゴッホエル・グレコポール・セザンヌアンリ・ルソーマルク・シャガールほか
この人に影響を
受けた芸術家
ジャン・メッツァンジェアルベール・グレーズマリー・ローランサンフアン・グリスフェルナン・レジェジャクソン・ポロック岡本太郎ほか
ピカソのサイン
ピカソ(1908年)

パブロ・ピカソ[3](Pablo Picasso [ˈpaβlo piˈkaso], 1881年10月25日 - 1973年4月8日)は、スペインマラガに生まれ、フランスで制作活動をした画家素描家彫刻家

ジョルジュ・ブラックとともに、キュビスムの創始者として知られる。生涯におよそ1万3500点の油絵素描、10万点の版画、3万4000点の挿絵、300点の彫刻陶器を制作し、最も多作な美術家であると『ギネスブック』に記されている。

名前

ピカソの本名は、聖人縁者の名前を並べた長いもので、出生証明書によると、「Pablo Diego José Francisco de Paula Juan Nepomuceno Cipriano de la Santísima Trinidad Ruiz Picass(パブロ・ディエゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ・ファン・ネポムセーノ・チプリアーノ・デ・ラ・サンティシマ・トリニダード・ルイス・ピカソ)」である。 洗礼名は、「Pablo Diego José Francisco de Paula Juan Nepomuceno María de los Remedios Crispiniano de la Santísima Trinidad Ruiz y Picasso(パブロ・ディエゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ・ファン・ネポムセーノ・マリア・デ・ロス・レメディオス・クリスピニアーノ・デ・ラ・サンティシマ・トリニダード・ルイス・イ・ピカソ)」である。長い名前の例としてよく引き合いに出される。画家として活動を始めたピカソは、はじめパブロ・ルイス・ピカソと名乗り、ある時期から父方の姓のルイスを省き、パブロ・ピカソと名乗るようになった。

年表

ピカソの生まれたマラガの家