パリ大学
Université de Paris
Armoiries de l'Université de Paris.png
ラテン語: Universitas magistrorum et scholarium Parisiensis
校訓 Hic et ubique terrarum (ラテン語)
校訓(英語) Here and anywhere on Earth
学校種別 法人 (ca. 1150-1793), 公立 (1896-1970), 公立 (2018)
設立年 Circa 1150-1793, 1896-1970, 2018-
所在地 フランスの旗 フランス
カルチエ・ラタン及びパリ市内及びパリ近郊
キャンパス Urban
テンプレートを表示
地図

パリ大学(仏:Université de Paris)は、フランス共和国パリクレテイユおよびヴェルサイユの3大学区にある13の大学の総称である。多くのノーベル賞受賞者を送り出している他、法学政治学科学物理学神学などの分野で優秀な学者を輩出している。また芸術の教育機関としても名高い。

概説

パリ大学の起源は12世紀前半であり、1970年に第1から第13大学までの独立した大学群に編制された。大学は1257年にフランスの神学者 ロベール・ド・ソルボン (fr) が神学部学生用のソルボンヌ寮を設立して以降「ソルボンヌ (Sorbonne)」または「ラ・ソルボンヌ (La Sorbonne)」と呼ばれるが、大学が必ずしもソルボンの思想に基づいているわけではない。現在の13校の中で第1から第4大学までがソルボンの意思を受け継ぐ伝統的な教育を行っており、そのうち3校(第1、第3と第4大学)はソルボンヌを冠としている。

ソルボンヌにあるパリ大学区 (Académie de Paris) には8校の総学長が存在し、現在の会長・総学長はPatrick Gérard、副学長はEdouard Husson。ちなみに、パリ大学の学長ないし総学長には、ジャンヌ・ダルクの異端審問にあたった中心のピエール・コーションも就いていた。

教育課程は3段階に構成され、第1課程(3年)と第2課程(2年、医学系は4年)の前半が日本の教養専門課程に該当し、第2課程の後半と第3課程(3年)が大学院に該当する。

第1大学は初期雇用契約導入(2006年)や大統領ニコラ・サルコジの改革方針(2007年)に反対するバリケードストライキが行なわれるなど、21世紀に入っても学生運動が盛ん、且つその拠点とされる大学である。

沿革

パリ大学は、ボローニャ大学オックスフォード大学ケンブリッジ大学サラマンカ大学モンペリエ大学トゥールーズ大学などと共に、12〜13世紀に設立されたヨーロッパ最古の部類に入る中世大学の一つで、その起源は1150年 - 1170年までさかのぼる。