ヒジュラ太陰暦(ヒジュラたいいんれき、: التقويم الهجري القمري‎)またはヒジュラ暦: التقويم الهجري‎、: Hijri calendar)は、主にイスラム教社会で使われている暦法。太陰暦なので太陽暦とは毎年11日ほどのズレがあり、それが積み重なるため、暦は季節を反映していない。イスラム暦(イスラムれき、: التقويم الإسلامي‎、: Islamic calendar, Muslim calendar)とも呼ばれる。紀年法ヒジュラ紀元(ヒジュラきげん)と呼ばれる。ヨーロッパではラテン語: anno Hegiraeを略してA.H.と表記する。

概要

第2代正統代理人ウマル・イブン・ハッターブが、預言者ムハンマドマッカからマディーナ聖遷(ヒジュラ)したユリウス暦622年を「ヒジュラの年」と定めヒジュラ暦元年とする新たな暦を制定した。なお、ヒジュラがあったとされる正確な日付は同622年7月16日ユリウス通日1948439日)である[1]

ヒジュラ暦は、クルアーン第9章36節冒頭の『本当にアッラーの御許て,(1年の)月数は,12ヶ月である。』[2]に基づき、日本の旧暦などの太陰太陽暦のように閏月を置いて季節ないし太陽暦とあわせる、ということをしない、太陰暦(純粋太陰暦)である。は、約29.5日である朔望月に合わせて、1か月が29日の小の月と30日の大の月という大小月をおおむね交互に繰り返す。従って1年はおおむね354暦日となるので、1年ごとに11日ほど太陽暦とずれる。

このように、季節を反映しないので、農事暦財務暦としては不向きで、ルーミー暦(ユリウス暦をベースにした暦)などによって補われることもあった。現代ではイスラーム圏でもグレゴリオ暦が併用されていることが多く、イランアフガニスタンなど、紀元をヒジュラ暦元年に置く太陽暦であるヒジュラ太陽暦(主にイラン暦と呼称される)を併用する地域もある。

グレゴリオ暦 (AD) からヒジュラ暦 (AH) への簡易換算式は AH=(33/32)×(AD−622) で、ヒジュラ暦 (AH) からグレゴリオ暦 (AD) への簡易換算式は AD=622+(32/33×AH) である[3]。グレゴリオ暦の2000年はヒジュラ暦では1421年に相当する。

サウジアラビアなどヒジュラ暦を公式の暦としている国では特許や著作権など法制度上の有効期限がグレゴリオ暦で数えた場合よりも短くなる。たとえば特許が15年間有効とした場合、グレゴリオ暦のそれよりも特許の有効期限が165日ほど短くなる。

なお、太陰太陽暦の多くが(さく;空の月が一番欠けた状態)を月の初めとするのに対し、ヒジュラ暦は三日月状の細いが最初に見える日を月の初めとする[4]

月名

月名のうち、片仮名による名称は日本アハマディア・ムスリム協会[5]アルファベットによる名称はCASIO高精度計算サイト[6]、Polly Lingual[7]及びThe Umm al-Qura Calendar of Saudi Arabia[8]、略称は日本貿易振興機構[9]、意味はこよみのページ[10]のWebサイトによる。なお、第1月、第7月、第11月、第12月の4つの月は争いの禁じられた聖なる月とされる[5]

1か月の長さと置閏

預言者ムハンマドが現れて以降、月と季節の関係は断ち切られた。そこで行われたのが、調整を禁じることであり、純粋に天体の月に頼ること、そして信頼できる目撃者が夜空に新しいを観測したときにを始めることであった。

予測不可能な観測に基づいた暦が天文学 には無益であるため、1つの理論モデルが考え出された。それは奇数の月が30日、偶数の月が29日あり、全部で354日となるものである。朔望月は実際29日と半日よりも少し長いため、そのモデルにおける1年は12の月期分に0.36708日分、つまり8時間48分36秒よりもちょっと少ない値分、足りない。それを補うために、年によっては最後の月を29日ではなく30日としている。この追加日は現時点、30年周期で11回、すなわち2, 5, 7, 10, 13, 16, 18, 21, 24, 26, 29年目に置かれている。追加日のお陰で不足分は0.0124日=17分51.36秒までに縮まっているが、イスラムの歴史を通じこれが統一的な習慣になったことはない。[11]

ヒジュラ暦におけるイスラム教の祭礼