フィギュア英語: model figure)とは、人物・動物キャラクターなどのをうつした人形の事を指す[1][2]

概要

英語のfigureの語源はラテン語の""を意味する語であり[3]、図形や図案[4]、特に人のすがたかたちをうつした絵や彫刻[5][6]のことである。

日本においては小さな人形の類がフィギュアと呼ばれている[7]。 日本では食玩ブーム以降、「ミニチュア」という用語の代わりとして「フィギュア」という用語が広まった。人物のミニチュアに限らず、乗り物、建物、食べ物、植物や動物、昆虫、過去の生き物や空想の世界の物も含まれることがある。(英語圏においてはアクションフィギュア(action figure)[8]、モデルフィギュア(model figure)などと呼ばれるものにあたる。)鉄道模型やミリタリーモデルなどでも用いられている[9][10]ポリ塩化ビニル製のフィギュアは特に「PVCフィギュア」と呼ばれる。

騎士のフィギュア


製品

分類

メタルフィギュア
金属製のフィギュアで、材質はピューターホワイトメタルなどの加工しやすい柔らかな合金が用いられる。ミニチュアゲームの駒として古くから使われ、TRPGにも用いられる。ミリタリーモデルのジオラマ用、単体のヴィネット用も多い。欧米では広く普及しており、古い歴史と膨大な種類がある。メタルキャストによる複製が容易であるため、ガレージキットの黎明期にはホワイトメタル製キットが一般的であった。
自販機フィギュア
模型屋や駄菓子屋の店頭に設置された、ガチャポンなどの自動販売機で販売されるフィギュア。カプセルに単体で封入されている。かつての素材は「消しゴム」と称された単色のゴム製のもの (怪獣消しゴムキン消しなど) で、デフォルメされたものが多かった。近年は彩色済みで硬質の合成樹脂を用いた、細密成型のものが主流である。またコンビニエンスストア店頭で販売されることもある。
食玩フィギュア
食品付き玩具 (食玩) の中でキャラクターフィギュアが付属しているもの。海洋堂の食玩から始まったフィギュアブームにより、動物や家具、食器などのミニチュアや鉄道模型、あるいは戦車や戦闘機などミリタリーモデルのカテゴリーに含まれるものまでも、一括してフィギュアと呼ばれるようになるが、本来はこれらはフィギュアと呼ぶにはふさわしくない。また一部の食玩では背景や複数の登場人物を組み合わせた、ジオラマ風のものも登場しているが、これは本来ジオラマ、もしくはヴィネットと呼ばれるものである。
プライズフィギュア
ゲームセンタープライズゲームクレーンゲームが主流)や一番くじなどの景品。プライズ品とも呼ばれる。ここでは人形について記述する。主流は射出成形によるPVC製のムクで塗装済みの完成品(もしくは半組立品)である(これらの特徴は市販品も同じ)。1970年代末に端を発し1980年代に隆盛を極めた、組立てや塗装にある程度の技能を必要とし面倒な手間の掛かるウレタン樹脂製やソフトビニール製フィギュアなどのガレージキットが衰退した後、1990年代後半から興隆し普及し始めた比較的新しい分野である。一般にノンスケールであり、スケールの表記はされていない(しかし全くの無秩序の縮尺でもない)。原型は日本で作られ、主に中国大量生産される。初期には「安かろう悪かろう」の代名詞的存在であったが、2000年代後期以降、その造形や塗装などの品質が急激に向上しており、市販品との差を縮めている。これには中国側の熟練や技術力の向上だけでなく、2000年代後半以降の円高による実質的な開発・製造予算の増額が関係している。2005年以来毎年、年4回(2月・5月・9月・11月)、プライズ品製造会社各社による見本展示会であるプライズフェアが開催されている。
アクションフィギュア
かつての人形玩具では、成形の都合上でのパーツ分割部分のみで可動が可能となるものが多かったが、1964年のG.I.ジョーの登場以降、人間に準じたより多くの関節をプレイバリューとして積極的に人形に再現する事が、主に男児向け玩具において定着した。この経過で、G.I.ジョーのスタッフによって考案されたアクションフィギュアの呼称も一般化した。日本では、特に関節の自由度を強調したい製品の場合に、フルアクションフィギュアと呼称することもある。
ソフトビニール人形
ソフトビニール人形とはポリ塩化ビニルを型抜きして中空成型したパーツを組み立てた、完成品のフィギュア。軟質素材であるため、ソフトビニールと呼ばれ、さらに略してソフビとも呼ばれる。児童向けの玩具では女児向けの人形の素材として古くから存在していたが、マルサン商店ゴジラウルトラQ怪獣を商品化し大ヒットした事から、大々的にキャラクター物のソフトビニール人形が作られるようになった。パーツを組み合わせた部分は「間着(嵌着)」と呼ばれ、その接合面で可動するため、アクションフィギュア程ではないがそこそこ可動する上に、丈夫で水遊びにも使えるなど、児童の玩具に適していた。反面、成型の都合上細いパーツの再現が難しい。
ドール
西ヨーロッパ圏、特にヨーロッパにおける愛玩用もしくは玩具としての人形が「ドール」と呼称され、また、ドールハウスなど実際に人形が存在しなくともドールという呼称が使用される場合もある。日本においても古くから存在する一般的な呼称である。
近年、高年齢層のフィギュアユーザーの増加にともない、従来のような男子玩具・女子玩具の区別による対象ユーザーの区分けが実態にそぐわなくなった結果、新たな区分けのための使用例が見られるようになった。具体的には、玩具業界において一世を風靡した“アクションフィギュア”と区別するための呼称としての“ドール”であり、日本では、主に「植毛されている・可動部分を持つ・衣装の着せ替えを行なえる」といった特徴を持つ、スーパードルフィーをはじめとするフィギュアや人形の総称として“ドール”が使用される。また、リカちゃんジェニーなどの女児向け玩具も含めた着せ替え人形をも含む言葉として使用される例もある。このように、アクションフィギュアと区別するために使用されていながら、縫製による衣装や、植毛といった、着せ替え人形に近い特徴をもつアクションフィギュアをドールとして紹介・区別している例もあり、未だ境界は曖昧である。
ガレージキット

フィギュアの生産は大手企業や個人メーカーなどさまざまなところで行われている。日本では2000年代初頭に海洋堂チョコエッグで大きなブームを巻き起こす以前は、小規模メーカー・レーベルが活発に活動していた歴史的な経緯もあり、零細メーカーやセミプロ的な活動実態のレーベル、過去に存在したものまで細かく挙げていくと際限が無い。

また、メーカー・レーベル間の競合の激しい業種であり、複数のメーカー・レーベルによって、特定の人気作品 (もしくはキャラクター) のフィギュアが長期にわたって過剰供給される傾向も見られる。

主なメーカー(五十音順)