フランス革命戦争
General, Officer d'Legere, Soldat d'Ligne.jpg

フランス軍の将兵
左から順に将軍将校(大尉)、兵士戦列歩兵)の図
戦争:フランス革命戦争
年月日1792年1802年
場所ヨーロッパエジプト中東大西洋西インド諸島
結果:フランス側の勝利。
交戦勢力
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
プロイセン王国の旗 プロイセン王国
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国
ロシア帝国の旗 ロシア帝国

フランス王国の旗 フランス王党派
スペインの旗 スペイン王国
Flag of Portugal (1707).svg ポルトガル王国
Flag of Kingdom of Sardinia (1848).svg サルデーニャ王国
Flag of the Kingdom of the Two Sicilies (1816).svg ナポリ王国
Fictitious Ottoman flag 2.svg オスマン帝国
Statenvlag.svg ネーデルラント連邦共和国
Flag of the United States (1777-1795).svg アメリカ合衆国

Flag of France (1790–1794).svg フランス共和国

Flag of Leinster.svg United Irishmen
POL COA Ciołek.svg Polish Legions
デンマークの旗 デンマーク=ノルウェー

指導者・指揮官
Banner of the Holy Roman Emperor (after 1400).svg カール・フォン・エスターライヒ=テシェン

Banner of the Holy Roman Emperor (after 1400).svg Michael von Melas
Banner of the Holy Roman Emperor (after 1400).svg József Alvinczi
Banner of the Holy Roman Emperor (after 1400).svg Dagobert Sigmund von Wurmser
Banner of the Holy Roman Emperor (after 1400).svg Peter Vitus von Quosdanovich
Flag of Prussia (1892-1918).svg カール・ヴィルヘルム・フェルディナント
Flag of Prussia (1892-1918).svg フリードリヒ・ルートヴィヒ
フランス王国の旗 ルイ5世ジョゼフ
グレートブリテン王国の旗 フレデリック
グレートブリテン王国の旗 ホレーショ・ネルソン
グレートブリテン王国の旗 ラルフ・アバークロンビー
グレートブリテン王国の旗 シドニー・スミス
Flag of Russia.svg アレクサンドル・スヴォーロフ

フランスの旗 ナポレオン・ボナパルト

フランスの旗 Charles Pichegru
フランスの旗 ジャン=バティスト・ベシェール
フランスの旗 アンドレ・マッセナ
フランスの旗 ジャン・ヴィクトル・マリー・モロー
フランスの旗 Charles François Dumouriez
フランスの旗 フランソワ・クリストフ・ケレルマン
Flag of Leinster.svg Wolfe Tone
POL COA Ciołek.svg ヤン・ヘンリク・ドンブロフスキ

フランス革命戦争(フランスかくめいせんそう、: Guerres de la Révolution française, : French Revolutionary Wars)は、1792年4月20日から1802年3月25日までの、革命後のフランスと、反革命を標榜する対仏大同盟[1]との一連の戦争である。当初はフランス革命に対する外国の干渉戦争であり、シベリア出兵と同様に旧債務を確認する意味をもっていた。1794年前後を境に形勢は逆転し、フランスによる侵略戦争に変貌した。

概要

フランス革命戦争は、オーストリアによるフランス革命への干渉を契機として、1792年4月20日にフランス革命政府(ジロンド派内閣)のオーストリアへの宣戦布告によって開始された。フランス北部および東部、オランダベルギードイツ北イタリアエジプト、一部の植民地などが主要な戦場となった。1793年にはイギリスを中心として第一次対仏大同盟が結成され、国内での反乱も相まってフランスは危機に陥った。だが革命の熱気によってもたらされた国民的な戦争への参画と、国家総動員体制の整備や師団編成の導入をはじめとする軍事的革新をばねとして反撃に転じた。1797年にはカンポ・フォルミオの和約によってオーストリアが一旦戦争から脱落した。

1798年第二次対仏大同盟が結成され、オーストリアが再度参戦しフランスは再び劣勢に立たされる。こうした状況下、エジプト遠征から帰還したナポレオン・ボナパルトが最高権力を掌握した。ボナパルトの反撃によって、オーストリアは1801年リュネヴィルの和約により再度講和し、イギリスも1802年3月25日アミアンの和約に応じた。これによりフランス革命戦争は終結した。

戦争に勝利したフランスは革命政府の国際的承認と大幅な領土拡大とを勝ち取った。だがアミアンの和約後の平和は長続きせず、1803年には再び英仏は戦争状態に入り、ヨーロッパ諸国はナポレオン戦争へと突入していく。

参戦国

フランス側では、戦争の過程で誕生したフランスの衛星国と、1796年10月以降はスペインが参戦した。

対仏大同盟に参加した諸国は以下の通りである。他にフランスはオランダスイスヴェネツィア共和国教皇領などを侵略している。