ヘスティアー女神

ヘスティアー古希: ΕΣΤΙΑ, Εστία, Hestiā)は、ギリシア神話に登場する女神である。アテーナーアルテミスと同じく処女神である。

その名前は「炉、竈」を意味する。ローマ神話ウェスタと同一視される。ヘスティアーおよび[1]ウェスタの象徴となる聖獣はロバである[2]

日本語では長母音を省略してヘスティアとも呼ぶ。

概説

古代ギリシアにおいては、家の中心であり、従ってヘスティアーは、家庭生活の守護神として崇められた。また炉は、犠牲を捧げる場所でもあり祭壇祭祀の神でもある。さらには、家庭の延長上にあるとされていたため国家統合の守護神とされ、各ポリスのヘスティアーの神殿の炉は、国家の重要な会議の場であった。加えて全ての孤児達の保護者であるとされる[3]

植民地建設の際には、この神殿からヘスティアーの聖火をもたらすのが習わしだった。

プラトーンによれば「彼女1人だけがのんびりしていた」といわれ、呑気な印象の女神である。

神話

主な神話によればクロノスレアーの長女であり、従ってゼウスらの姉である。夫や子はなく処女神とされる。ポセイドーンアポローンに求婚されたこともあるが、その際ゼウスにすがって永遠の処女を守る許しを得たという。結婚の喜びと引き換えに全ての人間の家で、その中央に座すこと、犠牲の最良の部分を得ること、そして全ての神殿で他の神々と栄誉をわかつこと等の特権を得たという。

ピロメーラーの神話に登場し、ピロメーラー、プロクネーテーレウスの三人(またはイテュスを含めた四人[4])を鳥に変身させている[3]

オリュンポス十二神の一柱に数えられるが別伝では、ヘスティアーの代わりにディオニューソスを数えることもある。これは、十二神に入れないことを嘆く甥ディオニューソスを哀れんで、ヘスティアーが、その座を譲ったためとされる。

ヘスティアは、炉の神として常に家の中心に坐すため、そこから動くことが出来ないと信じられた。主な神話において他の神々が戦ったり窮地に陥ったりしていても彼女は、炉から離れることが出来ないという理由から介入することはなかった。このために重要な神とされながら神話には、登場することが少ない。

信仰

スキタイでは、主神とされた。

脚注

  1. ^ 山北篤 『図解 火の神と精霊』 新紀元社
  2. ^ ツイン☆スター 『神の事典』 ジャパン・ミックス。
  3. ^ a b シブサワ・コウ 『爆笑ギリシア神話』 光栄
  4. ^ フェリックス・ギラン 『ギリシア神話』 青土社