DE-746 ヘミンジャー
基本情報
建造所 ウエスタン・パイプ・アンド・スティール・カンパニー
運用者  アメリカ海軍
 タイ海軍
艦種 護衛駆逐艦
級名 キャノン級護衛駆逐艦
艦歴
起工 1943年5月8日
進水 1943年9月12日
就役 1944年5月30日
1950年12月1日(再就役)
退役 1946年6月17日
1958年2月21日(再退役)
除籍 1974年9月3日
その後 1959年7月22日にタイ王国へ貸与
改名 HTMS ピン・クラオ (DE-1)
(HTMS Pin Klao)
要目
基準排水量 1,240 英トン(1,260トン
満載排水量 1,620 英トン(1,646トン)
全長 306 ft(93m)
水線長 300 ft(91m)
最大幅 36 ft 10in(11.23m)
吃水 11ft 8in(3.56m)
機関 GM Mod.16-278Aディーゼルエンジン×4基
主機 GM 8-268発電機×4基
出力 60,000 shp(4,470 kW)
推進器 2軸推進
最大速力 21 ノット(39km/;24 mph)
航続距離 10,800 海里(20,000 km) 12ノット時
乗員 士官15名・兵員201名
兵装 Mk.22 3インチ単装緩射砲×3基
40mm連装機関砲×3基
20mm単装機関砲×8基
533mm三連装魚雷発射管×1基
Mk.10 ヘッジホッグ対潜迫撃砲×1基(弾数114発)
Mk.9爆雷投下軌条×2基
Mk.6爆雷投射機×8基
テンプレートを表示

ヘミンジャーUSS Hemminger,DE-746)は、アメリカ海軍護衛駆逐艦キャノン級。艦名は第一次ソロモン海戦で戦死したシリル・フランクリン・ヘミンジャー(Cyril Franklin Hemminger)に因む。本艦はタイ海軍練習艦ピン・クラオ」として、建造から約75年が経過した2018年現在も現役で運用されている。

艦歴

ヘミンジャーは1943年5月8日にカリフォルニア州サンフランシスコのウエスタン・パイプ・アンド・スティール・カンパニー(Western Pipe and Steel Company, WPS)で起工、1943年9月12日に命名元の未亡人であるスー・フランシス・ヘミンジャー(Sue Frances Hemminger)夫人の手で進水した後、1944年5月30日に初代艦長J・R・ボドラー(J. R. Bodler)予備役少佐の指揮の下で就役した[1]

太平洋

公試完了後、ヘミンジャーは戦時哨戒を行う潜水艦の訓練のため1944年8月に真珠湾へ到着した。さらにヘミンジャーは真珠湾とエニウェトク環礁間の哨戒やハンターキラーグループによる対潜掃討任務にも従事している[1]

1945年2月28日に護衛空母コレヒドールおよび第53護衛部隊(CortDiv 53)と共に対潜掃討中だったヘミンジャーは、アメリカ陸軍航空隊のミラード・F・ハーモン(Millard F. Harmon)中将らを乗せたまま消息を絶ったC-87輸送機の捜索に派遣されたが見つけることはできなかった[1]

マーシャル諸島での哨戒を終えた後、ヘミンジャーはいまだ激戦が続く沖縄への補給船団を護衛するため4月30日に出港した。5月16日から6月20日にかけて、ヘミンジャーは先島諸島の空襲による無力化や沖縄での地上部隊支援、そして九州への空襲を行う空母の護衛を務めた[1]

大西洋

ヘミンジャーは第53護衛部隊に加わり、護衛空母カサーン・ベイとともにグアム島とエニウェトク環礁間の対潜掃討を実施、フィリピンへ発つ9月27日まで活動を続けた。太平洋艦隊から外されたヘミンジャーは、サイパン島、真珠湾、カリフォルニア州サンディエゴを経由しながらパナマ運河を通過し、12月2日にヴァージニア州ノーフォークに到着する[1]

ヘミンジャーはフロリダ州グリーン・コーヴ・スプリングス(Green Cove Springs)で訓練を行った後、1946年6月17日に退役し予備役に編入された[1]

再就役と予備役訓練

予備役訓練プログラムの任務期間を経て、ヘミンジャーは1950年12月1日にノーフォークで現役に復帰した。ヘミンジャーはその後数年間、カナダカリブ海地域への予備役兵の訓練航海を断続的に実施して過ごした。1952年6月に行った訓練航海ではポルトガルリスボンへ向かい、他にもフランスルーアンコロンビアバランキージャスペインカディスルイジアナ州ニューオーリンズを訪問している[1]

さらにヘミンジャーは複数の艦隊演習に参加し、1954年8月にはトルコ海軍の潜水艦ギュルと活動した。ヴァージニア州リトルクリーク海軍水陸両用基地(Naval Amphibious Base, Little Creek)を出港し、1957年11月23日に不活性化のためブルックリン海軍工廠に到着する。ヘミンジャーは1958年2月21日に退役し、大西洋予備役艦隊(Atlantic Reserve Fleet)に編入された[1]

タイ海軍「ピン・クラオ」

ヘミンジャーは1959年7月22日に軍事支援プログラム(Military Assistance Program)の下でタイ王国に貸与され、タイ海軍ピン・クラオ (DE-1)HTMS Pin Klao)となった[1]

ピン・クラオは2018年現在も現役で運用されており、2017年11月20日にタイのパタヤで実施されたASEAN創設50周年記念観艦式にも護衛艦おおなみなどと共に参加するなど、建造から約75年が経過したにもかかわらず健在ぶりを示している[2]

2018年3月15日にフィリピン海軍ラジャ・フマボン(旧アザートン、海上自衛隊護衛艦はつひ)が退役したことで、ピン・クラオは世界で唯一現役のキャノン級護衛駆逐艦となった。

栄典

ヘミンジャーは現役期間で以下の勲章を受章した。