ホールド(英:Hold)とは、野球において一定の条件を満たした救援投手に与えられる記録。リリーフの分業化が進み、本来は救援投手全体のための指標であったセーブクローザー(抑え投手)に独占されるようになったことを受けて、1986年にアメリカで考案された。抑え以外の中継ぎ投手のチーム勝利への貢献度を客観的に評価する指標となる。

日本野球機構管轄のプロ野球では、1996年パシフィック・リーグが採用。2005年より新規定を定め、・パ両リーグが採用している(2004年までセントラル・リーグは、リリーフポイントを採用)。一方、メジャーリーグでは公式記録としては採用されていない。日本ではH、アメリカではHLDと略記する場合が多い。

規定

日本プロ野球

以下の4つの共通条件を満たすこと[1]

  • 先発投手勝利投手敗戦投手のいずれでもなく、セーブが記録されてもいないこと
  • 自チームの最終守備イニングの3アウト目を取った投手(交代完了投手)ではないこと
  • アウトを1個以上取ること
  • 降板したあと、自身に記録された失点によって自チームが同点に追いつかれて、または逆転されていないこと

この状態で、以下のいずれかを満たした投手にホールドが記録される。

  1. 自チームがリードしている状況で登板し、以下のいずれかの条件を満たしリードを保ったまま降板する(セーブの条件に準じる)
    1. 3点以内リードの場面で登板し、1イニング以上投球する
    2. 迎える2打者に連続本塁打を打たれたら同点または逆転される場面で登板する
    3. 点差に関わりなくリードした状況で登板し、3イニング以上投球する
  2. 同点の状況で登板し、以下のいずれかの条件を満たして降板する
    1. 同点のまま失点を許さずに降板する(自身に記録される失点であるかどうかは関係ない。また、最終守備イニングを投げ終えて引き分けの場合には、その投手に交代完了が記録されるため、上記共通条件の2番目を満たさなくなる)
    2. 登板中に自チームが勝ち越した場合、リードを保って降板する

該当者が複数の場合は該当者全員にホールドが記録される。また、チームの最終的な勝敗に関係なく記録される(ホールド条件を満たして降板した後、チームが逆転負けを喫した場合でもその投手にはホールドが記録される)。

2004年まで運用された旧規定のホールドとは別扱いで記録される。この旧規定はメジャーリーグの規定と同じ条件であった。

メジャーリーグベースボール

日本プロ野球の規定とほぼ同一であるが、同点の状況で登板して抑えてもホールドが記録されることはない。

ホールドに関する個人記録

日本プロ野球

通算記録

順位 選手名 ホールド
1 宮西尚生 294
2 山口鉄也 273
3 浅尾拓也 200
4 S.マシソン 166
5 五十嵐亮太 159
6 青山浩二 143
7 J.ウィリアムス 141
7 高橋聡文 141
9 平野佳寿 139
10 藤川球児 139
順位 選手名 ホールド
11 増井浩俊 138
12 森福允彦 131
13 益田直也 128
14 松岡健一 127
15 大谷智久 120
16 福原忍 118
17 久保田智之 117
18 薮田安彦 112
19 押本健彦 111
20 横山竜士 110
20 久保裕也 110
20 今村猛 110
20 三上朋也 110

ホールドポイント

ホールドポイントとは、ホールドと救援勝利の数を合計した数字のこと。HPと略す。

2005年セ・パ交流戦が始まったことに伴い、最優秀中継ぎ投手の新しい選考基準として考案された記録である。なおセーブポイントと同じくメジャーリーグでは採用されていない。

最優秀中継ぎ投手

通算記録

順位 選手名 HP
1 宮西尚生 326
2 山口鉄也 324
3 浅尾拓也 232
4 S.マシソン 191
5 藤川球児 189
6 五十嵐亮太 182
7 青山浩二 176
8 平野佳寿 169
9 高橋聡文 167
10 増井浩俊 164
順位 選手名 HP
11 J.ウィリアムス 154
12 松岡健一 150
13 久保田智之 149
14 森福允彦 148
15 益田直也 147
16 久保裕也 143
17 押本健彦 137
17 福原忍 137
17 武田久 137
20 横山竜士 133
20 大谷智久 133