ヨルダン
المملكة الأردنيّة الهاشميّة
ヨルダンの国旗 ヨルダンの国章
国旗 国章
国の標語: الله، الوطن، الملك
(アラビア語:、祖国、国王)
国歌As-salam al-malaki al-urdoni
ヨルダンの位置
公用語 アラビア語
首都 アンマン
最大の都市 アンマン
政府
国王 アブドゥッラー・ビン=フセイン
首相英語版 オマル・アッ=ラッザーズアラビア語版英語版
面積
総計 92,300km2110位
水面積率 0.4%
人口
総計(2016年 9,710,752人(???位
人口密度 107人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(2013年 240億[1]ヨルダン・ディナール
GDP (MER)
合計(2013年 339億[1]ドル(91位
GDP (PPP)
合計(2013年762億[1]ドル(85位
1人あたり 11,639[1]ドル
建国
 - 宣言
イギリス国際連盟委任統治領より
1946年5月25日
通貨 ヨルダン・ディナール (JOD)
時間帯 UTC +2[2]DST:+3)
ISO 3166-1 JO / JOR
ccTLD .jo
国際電話番号 962

ヨルダン(アラビア語: المملكة الأردنيّة الهاشميّة‎:英語名 Hashemite Kingdom of Jordan)は、中東西アジアに位置する立憲君主制国家である。首都はアンマンイスラエルパレスチナ暫定自治区サウジアラビアイラクシリアと隣接する。イスラエル・パレスチナ暫定自治区とはヨルダン川死海国境である。

立憲君主制をとる王国である。イスラームの預言者ムハンマドの従弟アリーとムハンマドの娘ファーティマの夫妻に遡るハーシム家出身の国王世襲統治する。

国民の半数余りは中東戦争によってイスラエルに占有されたパレスチナから難民として流入した人々(パレスチナ難民)とその子孫である。

国名

アラビア語の正式名称は 、المملكة الأردنيّة الهاشميّة(ラテン文字転写 : al-Mamlakah al-Urdunīyah al-Hāshimīyah; アル=マムラカ・アル=ウルドゥニーヤ・アル=ハーシミーヤ)。通称الأردن(al-ʾUrdun; アル=ウルドゥン)。 公式の英語表記は、 Hashemite Kingdom of Jordan。通称 Jordan。ハーシミーヤは、預言者ムハンマドの曽祖父ハーシムの子孫の家系であるハーシム家を指す。

ヨルダンの名称は、国土の西を流れるヨルダン川の名に由来する。ヨルダン川は、ヘブライ語起源の河川名で、聖書に名が現われる。アラビア語ではウルドゥン、ヨーロッパ諸言語ではヨルダンあるいはジョルダンとなる。ヨルダン川の名前が国名となったのは、この国が第一次世界大戦後に成立したイギリス委任統治領トランスヨルダン(「ヨルダン川の向こう」の意)を前身とするためである。

日本外務省では、国名はその英語発音をカタカナで表記する外務省内の慣習があり、「ジョルダン・ハシェミット王国」としていた。2003年に、「ヨルダン・ハシェミット王国」という表記に変更した。

ヨルダンの国名は他に、「ヨルダン・ハーシム王国」(『ブリタニカ国際百科事典』)、「ヨルダン・ハシミテ王国」(愛知万博、『大辞泉』)と表記されることもある。

歴史

ヨルダンの国土は、およそ50万年前の旧石器時代から人類が住み着いていたことが知られ、紀元前8000年紀には人類最古級の農業が営まれた。西アジアに文明が発達すると交易の中心地として栄え、紀元前13世紀頃からはエドム人が住み着き、アンマンには旧約聖書に登場するアンモン人の国があった。紀元前1世紀頃には南部にペトラ遺跡を残したナバテア王国が発展するが、紀元1世紀から2世紀ローマ帝国に併合された。

7世紀にはイスラム帝国の支配下に入り、アラビア語イスラム教が浸透してアラブ化・イスラム化が進んだ。ダマスカスに都したウマイヤ朝が滅びイスラム世界の中心がシリア地方から離れると、その辺境として都市文明も次第に衰えていった。

ヨルダンとアラビアの反乱騎兵(1918年

19世紀に入ると、当時この地方を支配していたオスマン帝国は、ロシアから逃亡してきたチェルケス人をシリア地方の人口希薄地帯に住まわせるようになり、次第に活気付き始めた。第一次世界大戦後の1919年イギリス委任統治領パレスチナに組み入れられ、1923年ヒジャーズ王国を設立したハーシム家アブドゥッラー・ビン=フサインが迎え入れられてトランスヨルダン王国が成立した。この政府に対するイギリスの代表者は最初はT・E・ロレンス、ついでジョン・フィルビーであり、パレスチナの高等弁務官の管轄下にあった。

トランスヨルダン王国は第二次世界大戦後の1946年に独立し、1949年に国名をヨルダン・ハシミテ王国に改めた。1950年には、エルサレムを含むヨルダン川西岸地区を領土に加えたが、1967年第三次中東戦争イスラエルに奪われる。中東戦争は、イスラエルに占領された地域から大量のパレスチナ人の流入をもたらした。加えて1990年代以降には、民主化に伴い王室の近代化主義に反対する保守派やイスラム主義派が台頭して、国内の不安定要因となっている。

政治

1952年1月8日に制定された憲法に基づいた、国王元首とする立憲君主制であり、君主は世襲制となっている。国王は内閣と共に行政権を執行する。二院制議会を有している。

反政府抗議運動

ジャスミン革命アラブの春)の影響で、首相を国王が任命するのでは無く国民に直接選ばれた議会が選出する議院内閣制への移行と選挙法改正を要求するため、主にムスリム同胞団アラブ民族主義政党、左派政党らが結集してアンマンなどで抗議デモが実施された。また、国王の長年の支持基盤だったベドウィンの部族長らもアブドゥッラー2世国王に対して、ラーニア王妃とその一族の浪費癖を批判する声明を出している。しかし、いずれも王制打倒を求める反体制運動には到っていない。

外交

イスラム世界では穏健派に位置付けられる。アラブ諸国や中東内外のイスラム諸国だけでなく、世界各国と協調する全方位外交を展開している。イスラエルとは1994年に平和条約を結び、エジプトに次いでアラブ諸国では2番目に国交を樹立した[3]。2018年には、イスラエルに対して平和条約の一環として賃貸した国境地帯の土地の契約を延長しないと通告した[4]

対イスラエル和平に見られるように、東西冷戦時代から親西側・欧米政策をとっている。アメリカ合衆国からは北大西洋条約機構(NATO)非加盟の戦略的パートナー諸国の一つに位置付けられている。

軍事