マリー=ジャンヌ・フィリポン・ロラン, ラ・プラティエール子爵夫人
Marie-Jeanne Phlippon Roland, vicomtesse de La Platière
Madame Roland.png
ロラン夫人の肖像画
生誕 Marie-Jeanne Phlippon
マリー=ジャンヌ・フィリポン

(1754-03-17) 1754年3月17日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国パリ
死没 1793年11月8日(1793-11-08)(39歳)
Flag of France (1790–1794).svg フランスパリコンコルド広場
死因 ギロチン恐怖政治
住居 リヨンパリ
国籍 フランスの旗 フランス
別名 ロラン夫人
Madame Roland
民族 フランスの旗 フランス
市民権 フランスの旗 フランス
教育 修道院での1年間の教育と独学
著名な実績 サロンでの討論と文筆活動
政党 ジロンド派
敵対者 マクシミリアン・ロベスピエール
配偶者 ジャン=マリー・ロラン
非婚配偶者 フランソワ・ビュゾー
Gratien Phlippon
グランタン・フィリポン

ロラン夫人: Madame Roland1754年3月17日 - 1793年11月8日)は、フランス革命ジロンド派の指導者の1人である。ジロンド派の黒幕的存在だったことからジロンド派の女王とも呼ばれた。

本名はマリー=ジャンヌ・フィリポン・ロラン, ラ・プラティエール子爵夫人(: Marie-Jeanne Phlipon-Roland, vicomtesse de La Platière)。旧姓はフィリポン。

マノンはペンネームだが、夫が内務大臣のジャン=マリー・ロラン[1]であったことから、ロラン夫人と呼ばれ、夫と区別してマノン・ロランとも言う。

美貌に加えて並外れた知性と教養を持っていたが、平民出身だったために貴族に受け入れられず、共和主義者になった。

略歴