ヴァイマル憲法(ヴァイマルけんぽう、ドイツ語Weimarer Verfassung)は、第一次世界大戦敗北を契機として勃発したドイツ革命によって、ドイツ帝国が崩壊したあとに制定されたドイツヴァイマル共和政)の憲法である。憲法典に記されている公式名はドイツ国家憲法ドイツ語Die Verfassung des Deutschen Reichs)。1919年8月11日制定、8月14日公布・施行。

Weimar Constitution.jpg

ドイツの憲法は、フランクフルト憲法や現在のボン基本法のように、その憲法が制定された都市の名をつけて通称とする慣例があり、ヴァイマル憲法も憲法制定議会が開催された都市ヴァイマルの名に由来する通称である。ワイマール憲法と表記される場合も多い。

国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)の権力掌握によって「憲法変更的立法」である全権委任法が成立すると、ヴァイマル憲法はほぼその機能を停止した。ナチス・ドイツの敗戦により全権委任法と関連法令が無効とされ、1949年ドイツ連邦共和国基本法西ドイツ、いわゆるボン基本法)とドイツ民主共和国憲法東ドイツ)の制定によってドイツの新たな憲法体制がスタートした。

経緯

1918年の革命で君主制の廃止と共和制への移行が宣言されたのを受けて、1919年1月にヴァイマルにて憲法制定の国民会議が開催され、起草決定された。

起草文はドイツ民主党の政治家で弁護士であったフーゴー・プロイスによって作成ー

初代大統領に選出されたフリードリヒ・エーベルト1919年8月11日に調印し制定、8月14日に公布・施行された。

構成

前文

原文:Das Deutsche Volk einig in seinen Stämmen und von dem Willen beseelt, sein Reich in Freiheit und Gerechtigkeit zu erneuen und zu festigen, dem inneren und dem äußeren Frieden zu dienen und den gesellschaftlichen Fortschritt zu fördern, hat sich diese Verfassung gegeben.

訳:ドイツ民族は、その諸部族の一致のもとに、かつ、国家を自由と正義とにおいて新しくかつ確固たるものにし、国内国外の平和に奉仕し、そして社会の進歩を促進せんとする意思に心満たされて,この憲法を自らに与えた。

第一主部 国家の構築と目的