ヴァントーズ法は、1794年2月26日と3月3日(フランス革命暦II年ヴァントーズ(風月)8日と13日)に、フランス革命の指導者の一人ルイ・アントワーヌ・ド・サン=ジュストにより提案された法律である。サン=ジュストは亡命者と革命の反対派の財産を没収し、貧しい人々にそれを再配布することを提案した。サン=ジュスト他の急進派は革命の敵から財産権を含む市民権を剥奪した。

ロベスピエールは理論的にはこの法律を支持したが、実施するための支援を欠くことが明らかになり、法律を施行するための努力は数カ月のうちに終了した。

外部リンク