下関港
本港地区
下関港(本港地区)
所在地
日本の旗 日本
所在地

山口県下関市

下関港の位置(日本内)
下関港
下関港
下関港の位置(山口県内)
下関港
下関港
下関港の位置(東シナ海内)
下関港
下関港
下関港の位置
座標 北緯33度57分28.4秒 東経130度56分28.8秒 / 北緯33.957889度 東経130.941333度 / 33.957889; 130.941333 (下関港)座標: 北緯33度57分28.4秒 東経130度56分28.8秒 / 北緯33.957889度 東経130.941333度 / 33.957889; 130.941333 (下関港)
詳細
開港 1875年
管理者 下関市
種類 国際拠点港湾中枢国際港湾・日本海側拠点港湾(国際海上コンテナ、国際フェリー・国際RORO船、国際定期旅客の各部門)・総合的拠点港湾(日本海側拠点港湾)
外貨輸出貨物量 1,360,226トン
外貨輸出コンテナ量 31,345TEU
外貨輸入貨物量 1,425,470トン
統計
統計年度 2017年
貨物取扱量 4,640,000トン
旅客数 967,879人
外貨輸入コンテナ量 31,420TEU
内貨移出貨物量 650,252トン
貨物量 1,189,433トン

下関港(しものせきこう)は、山口県下関市にある港湾国際拠点港湾の一つで、北部九州の中枢国際港湾に位置づけられる。また、日本海側拠点港湾19港のうち総合的拠点港湾5港の一つに選ばれている[1]北九州港と共に関門港の一部をなし、4航路週13便の国際定期航路を持つ。

港湾管理者は下関市[2] 。全国で最多の国際定期旅客航路数および運航頻度の港湾である。背後圏の広さは日本一で[3]、輸入コンテナ貨物の49%が下関港経由で関西以東へ輸入され、輸出コンテナ貨物の34%が下関港経由で関西以東から輸出されている。(下関港湾局:2013年)

歴史

本州の最西端であり関門海峡に面した下関は、古代より九州への航路があった。江戸時代に入ると、北前船の寄港地として栄えた。港を含む領地は長府藩が大部分を占めていたが、長州本藩(萩藩)や清末藩の領地も混在していた。明治に入ってからは対韓貿易の中心地となり、また、1945年に終戦を迎えるまでは港を含む関門海峡一帯が下関要塞地帯に設定され、地図作成などに一定の制限が加えられていた。

下関の繁栄は港の隆盛と一対をなすものであり、交通網の整備や福岡市・北九州市の拠点化が推進されると、下関港の衰退、ひいては下関の街全体の衰退に影響を及ぼした。