中村 雅哉(なかむら まさや、1925年(大正14年)12月24日 - 2017年(平成29年)1月22日[1])は、日本の実業家バンダイナムコエンターテインメント創業者。東京都出身。

来歴

1948年、横浜工業専門学校(現横浜国立大学)造船科卒業。家業は東京・神田銃砲店であったが、銃刀法による規制が強いという業界に折り合いを付けられず、1955年有限会社中村製作所を設立。横浜の松屋デパート(後に横浜松坂屋本店)屋上に事務所を構え、デパートの屋上遊園用遊具製造・管理を手がける。

1971年より中村製作所の英語名(Nakamura Amusement Manufacturing Company)の略称である「namco」ブランドの使用を開始[2]1977年には社名をナムコへ改める。

1974年アタリジャパン(旧社)を買収しアーケードゲーム事業に進出、1980年にリリースした『パックマン』が世界的大ヒットを記録。日本アミューズメントマシン協会(JAMMA)会長(後に名誉会長、最高顧問)等を歴任する。

1990年、社長職を専務の真鍋正に譲り会長へ就任するが、1992年に真鍋が健康上の問題から社長を退任。再度、社長職に就き2002年まで務めた。

1999年4月1日財団法人マルチメディアコンテンツ振興協会 (MMCA) 会長に就任[3]2001年に新映像産業推進センターと合併しデジタルコンテンツ協会(DCAJ)に改称した際も会長職に留まり、2006年3月まで務めた[4]

また、映画に対する関心も深く、1993年に会社更生法を適用した日活を買収(2005年インデックス・ホールディングスへ売却)し、1996年には自ら社長に就任している他、2000年には東京芸術大学慶應義塾大学へ「映画産業を担う人材育成に役立てて欲しい」として私費から総額4億円を寄付している。また、市川崑監督による映画『どら平太』(2000年製作。役所広司主演)など数々の映画作品の製作総指揮を務めた。

2005年9月バンダイナムコホールディングス最高顧問就任。

2006年6月、バンダイナムコゲームス(現・バンダイナムコエンターテインメント)名誉相談役就任。

2010年8月8日、「国際ビデオゲームの殿堂」(IVGHOF)に基礎を作った先駆者5名の内の一人として、「パックマン」とともに選出される。

2017年1月22日に死去した事が1月30日に公表された。死因は非公表。満91歳没[1]

ゲームキャラクター