各国の人口(100万人)

人口(じんこう、: : Population、: Bevölkerung)は、ある人間集団の総体を指す概念であり、またその集団を構成する人間の総数を指す統計上の概念である。

一般的用法

一般的には、国家や特定の地域にいる集団について用いられる(世界の人口日本の人口、の人口など)。

日本の人口として最も一般的に用いられているのは、国勢調査によるものである。国勢調査では外国人も含めた人口が把握されており、国籍別の集計結果もある。平成22年国勢調査(総務省統計局)を参照。
住民基本台帳による人口は、日本人のみに関する統計であったが、「住民基本台帳法の一部を改正する法律」の施行及び「外国人登録法」の廃止(平成24年7月)により、住民基本台帳法の適用対象となった外国人が含まれることとなった。住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数(平成25年3月31日現在)(総務省自治行政局住民制度課)を参照。

20世紀に人類は人口爆発と呼ばれる人類史上最大の人口増加を経験した。過去6000年間に存在した全ての人口のおおよそ5分の1が現在の人口である。

その他の用法

1994年の世界の人口分布(濃いほど密集)

など

国別の人口

  • 世界人口
  • 国の人口順リスト
  • 世界人口における65歳以上人口割合[1]
    OECD各国の老人(65-歳)一人あたり、生産年齢(20-64歳)人口[2]

    21世紀の現在、先進国をはじめ世界の多くの国々で老年人口の相対的増加、すなわち社会の高齢化が進んでいる。

    国際連合は2050年には世界人口の18%が65歳以上となると予測している[1]OECD諸国においては現加盟国の全てにおいて、2050年には1人の老人(65歳以上)を3人以下の生産人口(20-65歳)にて支える社会となると予測されている[2]

    フランスでは、少子化対策制度をいくつも打ち出し、出生率も先進国中最高レベルである。

    アメリカは先進国の中では出生率も比較的高く、移民も毎年入ってくるため、高齢化は緩やかなものになると見られている。

    日本の総務省の2007年2月の月次推計では、総人口1億2774万人に対し、老年人口2694万人で、老年人口比が21.1%となり、超高齢社会である21%を超えた[3]。なお、日本の総務省の2007年の年次推計では、総人口127,771千人に対し、老年人口27,464千人で21.5%であった [4]

都市別の人口

人口1,000万人以上のメガシティ[5]
順位 メガシティ 人口
1 東京 日本の旗 日本 34,700,000
2 広州 中華人民共和国の旗 中国 26,400,000
3 ジャカルタ  インドネシア 26,000,000
3 上海 中華人民共和国の旗 中国 26,000,000
5 ソウル 大韓民国の旗 韓国 25,600,000
6 デリー インドの旗 インド 23,700,000
7 メキシコシティ メキシコの旗 メキシコ 23,600,000
8 カラチ  パキスタン 22,300,000
9 マニラ フィリピンの旗 フィリピン 21,900,000
10 ニューヨーク アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 21,600,000