"人間と性"教育研究協議会(にんげんとせいきょういくけんきゅうきょうぎかい、:The Council for Education and Study on Human Sexuality)は、1982年4月山本直英高柳美知子村瀬幸浩らによって任意団体として発足した性教育に関する研究会である。2012年には法人格を取得して一般社団法人となった。略称「性教協」。

概要

日本で唯一となる性教育の実践研究団体である。「科学人権自立共生」をキーワードに、子どもの切実な要求にこたえ、正確な情報を伝え、子どもとともに「性」のあり方や生き方を考える教育の研究と実践の普及をめざすとともに、教職員などの実践や活動を支援しながら実践活動における技術や知識の蓄積も行うとしている[1]。そのため、児童教員などに向けた、全国組織の幹事や会員らによる解説書や実践研究書を刊行している。また、会員らによる実践や研究を発表する場として様々なセミナーや勉強会なども開催している。

会員は小学校や中学校、特別支援学校など教育機関の教職員を中心に、医師や看護師、助産師や保健師、保育者や児童福祉施設職員などの多岐に渡っている。

全国組織ではあるが、都道府県や職域(児童養護施設障害児など)ごとに支部組織である「性教協サークル」が活動している。かつては、大学においても「性教協学生サークル(性教協ゼミ)」が存在していた。

2001年1月には、日本で唯一の性教育に関する雑誌として『季刊 SEXUALITY (セクシュアリティ)』を株式会社エイデル研究所から創刊している。