但馬国
地図 令制国 但馬国.svg
-但馬国
-山陰道
別称 但州(たんしゅう)
所属 山陰道
相当領域 兵庫県北部
諸元
国力 上国
距離 近国
8郡59郷
国内主要施設
但馬国府 1. 未詳
2. 兵庫県豊岡市
但馬国分寺 兵庫県豊岡市(但馬国分寺跡
但馬国分尼寺 兵庫県豊岡市
一宮 出石神社(兵庫県豊岡市)
テンプレートを表示

但馬国(たじまのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。山陰道に属する。

「但馬」の名称

古事記』には「多遅麻国」と記載される。但馬の歴史的仮名遣いは「たぢま」。

領域

明治維新の直前の領域は現在以下のようになっている。太字の自治体及び郡は全域が、通常体は一部が国土にあたる。

当該地域の2010年国勢調査による人口は17万9530人(男8万5568人/女9万3962人)、世帯数は6万1880世帯、面積は2099.01km2、人口密度は85.5人/km2[1]

沿革

のちに但馬国となる地域には以下の2つの国造が置かれていた。

こののち、のちの丹波国丹後国・但馬国の3国にあたる地域は丹波国造の支配地域である丹波国となった。但馬国は7世紀後半に丹波国より8郡を分割して成立したとする説もあるが確証はない。『日本書紀天武天皇4年(675年)条に国名がみえるので、この頃成立したと推定されている。

近世以降の沿革