内田 篤人 Football pictogram.svg
Uchida Schalke 2015.jpg
シャルケ時代の内田篤人(2015年)
名前
愛称 アツト、うっちー、あっちゃん、うっしー[1]
カタカナ ウチダ アツト
ラテン文字 Uchida Atsuto
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1988-03-27) 1988年3月27日(30歳)
出身地 静岡県田方郡函南町
身長 176cm[2]
体重 67kg[2]
選手情報
在籍チーム 日本の旗 鹿島アントラーズ
ポジション DF (SB) / MF (WB)
背番号 2
利き足 右足
ユース
2003-2005 清水東高等学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2010 鹿島アントラーズ 124 (3)
2010-2017 シャルケ 104 (1)
2017 ウニオン・ベルリン 2 (0)
2018- 鹿島アントラーズ
代表歴2
2005-2007 日本の旗 日本 U-20 12 (0)
2007-2008 日本の旗 日本 U-23 8 (0)
2008-2015[3] 日本の旗 日本 74 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年1月2日現在。
2. 2015年3月31日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

内田 篤人(うちだ あつと、1988年3月27日 - )は、静岡県田方郡函南町出身のプロサッカー選手J1リーグ鹿島アントラーズ所属。ポジションはDF(右サイドバック)。元日本代表

来歴

プロ入り前

函南中学校時代は目立った活躍をしていなかったが、高校入学にあたり静岡県中部地区の強豪校を志望し、将来の大学進学も視野に入れて進学校でもある清水東高等学校に入学した。高校へは自宅から1時間半ほどかけて通学していたという。

高校の同級生には多々良敦斗、2学年上には菊岡拓朗荒田智之がいる。卒業に際しては7-8クラブから興味を示され、2006年に鹿島アントラーズへ加入した。

鹿島アントラーズ時代

2006年から監督に就任したパウロ・アウトゥオリに高く評価され、Jリーグ開幕戦(対広島)でクラブ史上初となる高卒ルーキーでのスタメン出場を果たし、ドリブルから先制点となるPKを獲得。続く第4節甲府戦では、ドリブル突破からの先制点でクラブ史上最年少得点を記録し、2点目もアシストした。なお、17歳11か月22日でのプロ初得点は、当時の記録である18歳1か月15日を上回り高卒ルーキーの史上最年少得点記録であった。また、同年のJリーグオールスターサッカーではDF最多得票で史上最年少出場を果たしている。

2007年名良橋晃から指名され背番号2を引き継いだ。2008年には自身初のJリーグベストイレブンに選出されるなど評価を高め、同年のシーズンオフには鹿島と4年半の長期契約を結んだ[4]。2009年、鹿島は史上初のJリーグ3連覇を達成し、内田自身も2年連続でJリーグベストイレブンに選出された。

シャルケ04時代

シャルケでトレーニングをする内田(2011年)

2010年7月1日に移籍金推定1億5000万円でドイツブンデスリーガシャルケ04へ3年契約で完全移籍した[5]。代理人は小野伸二大迫勇也らと同じ秋山祐輔。移籍当初は代表戦での負傷もあり低調な滑り出しとなったが、秋には右サイドバックのレギュラーに定着した。11月24日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第5節リヨン戦では、相手DF3人を鋭く抜きながらの正確なアーリークロスをクラース・ヤン・フンテラールへ上げCL初アシストを記録し、B組1位通過での決勝トーナメント進出に貢献。CL決勝トーナメント1回戦でバレンシアを破ると、準々決勝では長友佑都が所属するインテルと対戦し、CL初の日本人対決を実現させた[6]。シャルケは両試合とも2-5、2-1で圧勝し、内田は『EURO SPORT』が選ぶCL準々決勝第1戦のベストイレブンに選出された。準決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦では敗れたものの、CLベスト4という記録はクラブ史上、また日本人としても初めてのことであった[7]。なお、内田はグループリーグのハポエル・テルアビブ戦(ホーム)以降10試合連続フル出場を果たしている。5月21日にはDFBポカール決勝のMSVデュースブルク戦に途中出場し、移籍後初タイトルを獲得した。

2011-12シーズンは開幕前の怪我やコンディション不良、さらに新加入のマルコ・ヘーガーの好調ぶりと右太もも肉離れが重なったことで前半戦は定位置を失いかけたものの、後半戦はレギュラーの座を取り戻した。

2012-13シーズンは開幕前に契約を2015年6月まで延長した[8]。シーズン当初は扁桃炎の影響で出遅れたが[9]、コンディションが整うと定位置を確保し、11月3日に行われた第10節TSG1899ホッフェンハイム戦でブンデスリーガ初得点を決めた[10]。好調なチームの中にあってジェフェルソン・ファルファンと共に構成する右サイドはシャルケのストロングポイントとなった[11]。2013年1月にはブンデスリーガの英語版公式HPが選ぶ2012年のベスト11に選ばれ[12]、5月には同HPにて2012-13シーズンのベストイレブンに選出された[13]。一方で、前シーズンに痛めた右太もも裏の肉離れでチームからの離脱を繰り返し、11月6日のCLアーセナル戦、12月15日のフライブルク戦、2月6日の日本代表ラトビア戦でそれぞれ患部を痛めた。復帰戦となった3月9日のドルトムント戦ではクロスからのアシストを2度記録しルールダービーでの勝利に貢献した[14]

2013-14シーズンも前半戦は安定したプレーを続けていたが、年明けの2014年2月に右太ももを痛め戦線離脱し、シーズン内に復帰することはできなかった。

2014年10月30日、シャルケと2018年6月までの新契約を結んだ。直後の第10節FCアウクスブルク戦では、今季2アシスト目となる決勝点をアシストした。前半戦は4節まで負傷していたが13試合に出場し、ブンデスリーガ公式サイトのベストサイドバックに選ばれた。

2014-15シーズンは、シーズン序盤と終盤戦は右膝を痛めた影響で戦列を離れたが、レギュラーの座は譲らなかった。2015年3月初旬、対ホッフェンハイム戦で膝蓋腱を負傷し戦線を離脱。そのまま2014-15シーズンを終え、シーズンオフの同年6月に右膝の手術を行う。

その後、迎えた2015-16シーズンはドイツや日本国内でリハビリに励んだが十分な回復に至れず、とうとう一試合も公式戦に出場できないまま同シーズンを終える事となった。また日本代表でもほとんどの試合で招集が見送られ、内田にとってかつてない異例の状況が続いていた。

暫くの間は古巣の鹿島アントラーズの施設をリハビリ活動の拠点としていたが、2016年7月上旬にシャルケのチーム練習に合流。しかし翌8月中頃、シャルケのアクセル・シュースターSDが「内田に関しては残念ながら状態が少し後退した。」とコメント、同時期のクラブ公式ツイッターでも「内田篤人は短期間日本に向かい、そこで彼が信頼する医師の治療を受けることになる」と発表があった[15]。2016年12月8日、欧州ELのレッドブル・ザルツブルク戦で途中出場し、1年9カ月ぶりに復帰を果たした。

ウニオン・ベルリン時代

2017年8月21日、出場機会を求め、シャルケからブンデスリーガ2部の1.FCウニオン・ベルリンに2018年6月までの1年契約で完全移籍することが決定した[16]。9月10日に行われた第5節のフォルトゥナ・デュッセルドルフ戦で移籍後初出場を果たし、クロスから同点となる相手のオウンゴールを誘発したが、その後宇佐美貴史に得点を許し、日本人対決となった試合は敗れた[17]。9月20日、SVザントハウゼン戦では約2年半ぶりの先発フル出場を果たした。しかし10月17日に左太ももに肉離れを負ったことが発表され、戦線を離脱[18]。ウニオン・ベルリンでのリーグ戦出場は前述の2試合のみとなった。

鹿島アントラーズ時代(第2次)

2018年1月2日、古巣である鹿島アントラーズへの復帰が発表された[19]。2月25日、開幕戦の清水エスパルス戦で約8年ぶりにJリーグのピッチに立った[20]。10月3日、ACL準決勝1stレグ・水原三星戦で、移籍後初得点となる貴重な逆転ゴールを挙げた[21]

日本代表

2004年にAFC U-16選手権に向けて日本サッカー協会が主催した早生まれの選手を対象としたセレクションで、そのスピードが関係者の目に留まりU-16代表に招集され、豊田国際ユースサッカー大会AFC U-17選手権2004に出場。この時は右サイドハーフとしてプレーしていたが、その後清水東高校でスピードを生かすためにサイドバックにコンバートされた。プロ入り後、2007年7月のFIFA U-20ワールドカップでは右サイドバックとして全4試合にフル出場。その後、2008年8月には北京オリンピックに出場した。

2007年にフル代表候補の合宿に初招集され、2008年1月26日キリンチャレンジカップチリ戦でフル代表デビューした[3]。19歳305日でのデビューはJリーグ発足後では市川大祐小野伸二梅崎司に次いで4番目の若さであった。同年2月6日にはJリーグ発足後10代の選手としては初めてワールドカップ・アジア3次予選グループ2第1戦タイ戦にスタメンフル出場を果たし、6月22日には同3次予選第6戦最終戦のバーレーン戦で代表初得点を決めた。2010年6月の2010 FIFAワールドカップの日本代表メンバーにも選出されたが、本大会直前に岡田武史監督が守備を重視する戦術に転換したことや体調不良により、右サイドバックのポジションを守備の評価の高い今野泰幸、今野の負傷後には攻守にバランスのある駒野友一に奪われ、本戦出場は叶わなかった。

アルベルト・ザッケローニ監督就任後は再びレギュラーに返り咲き、2011年1月のAFCアジアカップ2011では主力メンバーとして優勝に貢献した。

2014年には2大会連続でのFIFAワールドカップメンバーに選出され、本大会では全試合スタメンフル出場したが、チームはグループリーグで敗退した。

ワールドカップ終了後に代表引退を示唆したが[22]、11月のキリンチャレンジカップでハビエル・アギーレ体制の代表に復帰した[23]。12月、AFCアジアカップ2015の代表メンバーに選出されたが、右膝の怪我により出場を辞退した。

プレースタイル

スピードと高い技術を併せ持った右サイドバック。運動量が豊富で敏捷性に優れ、ボールの置き方、視野の確保が上手く、ゲームメイク能力が高い[24][25]シャルケ強化部長のホルスト・ヘルトは「アツトは桁外れな自制心を持つ選手で、戦略指示を100パーセント実行する」と圧倒的な信頼を寄せ「攻撃において刺激を与えようとするが、守備面を絶対に忘れない」と常に守備を心掛けている姿勢を評価している。「それに走力というフィジカルの強みも加わる」とし、欠点としては「クロスの精度は改善の余地がある」と続けるが、「その点は共に、そして特にアツト自身が(改善に向けて)努力している」と語っている[26]

シャルケ移籍3ヶ月後には「相手はデカイけど、タイミングさえあえば、(懐に)入れる。そこら辺のすばしっこさはオレの方があるので。それに、(相手に)ぶつかられても、それがボール持っているときでも、なかなか体勢が崩れなくなってきた」と自己分析している[24]

元々は主に右サイドハーフや攻撃的MFのポジションでプレーしていたが高校3年に上がる春に右サイドバックにコンバートされた[27]

エピソード

  • アルコールが苦手で、ブンデスリーガ開幕前に開かれた壮行会にて選手もビールで乾杯する中、内田はバナナジュースを飲んでいた。またDFBポカールでのフランクフルト戦終了後、主力4選手がディスコでの夜遊びを目撃された問題について、記者に伝えられるまで内田は知らず「僕は第1便で帰りました。ビール飲めないですから」と語っていた[28]
  • 与えられた休暇を早く切り上げてドイツに戻り、練習に参加する姿勢をフェリックス・マガト監督から「こういう選手がチームにいるのは、本当に嬉しいことだ」と高く評価された[29]
  • シャルケのチームメイトやサポーターからは「ウシ」または「ウ(ッ)シー」と呼ばれている[30]。本来、標準ドイツ語では[chi]は「ヒ」と発音されるが、シャルケ04の本拠ノルトライン=ヴェストファーレン州をはじめとする地域で話される低ザクセン方言(または低ザクセン語)では、境界を接するフランス語同様に「シ」と発音される。なお、ドイツ語圏において「ウシー(Uschi)」は女性名である「ウルスラ」の愛称のひとつでもある。
  • チームメイトのクリストフ・メッツェルダーは内田を「いい選手であるばかりでなく、人間としてもすばらしい」と好評価。そんな内田にメッツェルダーが望むことがあるとしたら、それは「もう少し自分を表現して欲しいことかな。まだ若い選手だからね」とコメントを残している[31]
  • 2011年2月26日1.FCニュルンベルク戦にて、「内田篤人シャルケ04公式応援ツアー」参加者が応援に駆け付け、95人のうち女性が90人という人気ぶりに、同僚からは「日本のベッカム」と冷やかされたという[32]。また、その女性人気から「チームでオレが日本でモデルをやっていたという誤情報が流れている」と苦笑した[33]
  • 2011年3月12日、ブンデスリーガ第26節・アイントラハト・フランクフルト戦勝利後、「日本の皆へ。少しでも多くの命が救われますように。共に生きよう!」と書かれたシャツを着て、前日に日本で起きた東北地方太平洋沖地震の被災地に向けメッセージを送った[34]
  • 元同僚だったドイツ代表のマヌエル・ノイアーとは、シャルケから移籍をする直前に内田をドライブに誘い、オービスの位置や、お気に入りのアイスクリーム屋を案内してあげたなどのエピソードがある[35]
  • 好きなゲームは『モンスターハンター』で、インタビューで「最近嬉しかったのは、モンスターハンターで、クシャルダオラを倒したこと。そいつは、メチャ、強いけん。風使いの龍なんだけどね、倒れて起き上がるときにバンってなっちゃうの。爆弾とか使って倒したの」と語るほどである[36]
  • 2013年1月14日、ドラマ『ビブリア古書堂の事件手帖』(月9・1月 - 3月クール)の第1話で、AKIRA(EXILE)演じる五浦大輔にハローワークで対応した相談員役で出演している。ちなみに、このドラマで使われた挿入曲、『let go』は内田本人が大好きな曲であると、かつてのインタビューで答えている。
  • 2013年11月11日、ドラマ『海の上の診療所』(月9・10月 - 12月クール)の第5話で、安達祐実演じる女子アナの上村絵里子と交際が発覚したプロサッカー選手として実名で登場した。写真のみの出演である。
  • 2013年、ラジオで知った吉田拓郎の曲を聴き込んでいて、吉田拓郎からCDを大量にプレゼントされた[37][38]。一番好きな楽曲は「外は白い雪の夜」という。
  • 2015年5月25日、一般女性(小学校の同級生)との入籍を発表[39]
  • 同年、ベストジーニスト2015・グローバル特別敢闘賞を受賞[40]
  • 2017年5月13日、ホーム最終戦で第一子が誕生したことを発表した。

所属クラブ

ユース経歴
  • - 1999年 函南SSS
  • 2000年 - 2002年 函南町立函南中学校
  • 2003年 - 2005年 清水東高校
プロ経歴