分光連星(ぶんこうれんせい)は、望遠鏡を使用しても分離できなくとも、周期的なスペクトル線の移動やパルス周期の変動など、スペクトルの特徴の周期的な変化によって2つ以上の天体からなることを検出できる連星のこと[1][2]。1889年に、ヘルマン・カール・フォーゲルエドワード・ピッカリングによって、それぞれ独立に発見された。

これに対し、望遠鏡で分離できるものを実視連星という。

主な分光連星