歴史

国祖の高歓北魏末期の六鎮の乱に加わったが、爾朱栄に鎮圧された。爾朱栄が孝荘帝に殺されると自立して爾朱氏を滅ぼし、孝武帝を擁立して北魏の実権を握った。後に孝武帝が宇文泰の元へと逃がれると孝静帝を擁立して東魏を建て、宇文氏の西魏と対立した。

547年に高歓が死ぬと長子の高澄が後を継ぐが、その直後に河南大行台の侯景が背いて州都もろともに帰順するという事件が発生する。高澄は慕容紹宗を派遣して侯景・梁軍を撃破した。梁に逃れた侯景はその後反乱を起こし、梁を事実上の滅亡に追い込んだ(侯景の乱)。

549年、高澄が梁からの降人・蘭京に殺されると、高澄の弟である高洋(文宣帝)が後を継ぎ、翌550年に孝静帝から禅譲を受け北斉を建てた。

文宣帝は華北の支配をめぐり北周と争う一方、北方に勃興した突厥を撃破するなど、軍事面では優勢であったものの、北斉の国内では「勲貴」と呼ばれる鮮卑系武人と漢族を中心とする文人官僚が内部抗争を繰り広げた。北斉後期になると、さらに「恩倖」と呼ばれる皇帝側近の勢力が抗争に加わり、これら三者による対立が激化して北斉の求心力は低下した。後主の代には、名将斛律光ら勲貴層が粛清され、北周や南朝のに対する軍事的優位を失った上、その後も漢人官僚と恩倖による内紛が続き、国内は混乱した。このような状況の中、北周の武帝の侵攻に対応できず敗北を続け、577年に滅亡した。

王朝滅亡後、旧北斉皇族は当初は武帝に寛大な処置を示されていたが、後に殆どが根絶やしにされて途絶えており、代の681年(北斉滅亡から104年後)に蘭陵王高長恭)の孫とされる高元簡なる人物が辛うじて確認されている。

北斉の皇帝

  1. 顕祖文宣帝(高洋、在位:550年 - 559年
  2. 廃帝(高殷、在位:559年 - 560年
  3. 粛宗孝昭帝(高演、在位:560年 - 561年
  4. 世祖武成帝(高湛、在位:561年 - 565年
  5. 後主(高緯、在位:565年 - 576年
    • 安徳王(高延宗、在位:576年) - 北周の侵攻の中で奮戦し、後主が逃亡後の混乱の中で皇帝に即位するが、北周に敗北して囚われた。通例では皇帝の代数には加えられていない。
  6.  
     
     
     
    (神武帝)
    1. 天保(550年 - 559年)
    2. 乾明(560年)
    3. 皇建(560年 - 561年)
    4. 太寧(561年 - 562年)
    5. 河清(562年 - 565年)
    6. 天統(565年 - 569年)
    7. 武平(570年 - 576年)
    8. 隆化(576年)