主要道道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
北海道道123号標識
北海道道123号別海厚岸線
路線延長 74.6 km
制定年 1982年
起点 北海道野付郡別海町別海
終点 北海道厚岸郡厚岸町宮園町
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0044.svg国道44号
Japanese National Route Sign 0243.svg国道243号
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
北海道道142号標識
北海道道142号根室浜中釧路線
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

北海道道123号別海厚岸線(ほっかいどうどう123ごう べつかいあっけしせん)は、北海道別海町別海から同町上風連浜中町新川を経由して、厚岸町厚岸を結ぶ主要道道北海道道)である。

路線データ

歴史

  • 1982年9月30日 路線認定(路線番号1020)。
    • 浜中町浜中桜西 - 浜中町新川東は道道280号霧多布港線(残り区間は後に道道1039号霧多布岬線へ)から、浜中町新川東 - 厚岸町は道道954号厚岸浜中線からの昇格である。別海町 - 浜中町浜中桜西は道道449号別海浜中停車場線との重複である。
  • 1994年10月1日 路線番号変更。

路線状況

別海町では、酪農家の牧場や牧草地の中を抜ける直線の道路が延びる。 厚岸町では、厚岸湾厚岸湖の境に架かる厚岸大橋で、厚岸中心市街地と厚岸漁港とを結ぶ。太平洋岸の沿って延びる道路は、別名北太平洋シーサイドラインとも呼ばれ、交通量は少なく追い越し可能な2車線の高台にあるワインディングロードが続く。

別称

  • 北太平洋シーサイドライン
    十勝の広尾町から根室市の納沙布岬まで、300キロ以上にもおよぶ海沿いの道の総称[1]。道道123号別海厚岸線を含む[2]
  • なぎさのドライブウェー
    道道142号交点から道道1039号まで浜中湾の砂浜海岸沿いに延びる約5km区間の道路の別名。

道路施設

トンネル

  • 散布トンネル(498 m)

海上橋

道の駅

地理

別海町 - 浜中町は根釧台地を縦断する道路で、周辺は牧場や牧草地が広がる。浜中町 - 厚岸町が太平洋沿いの高台を走る変化に富んだ道路で、夏は晴れた日でも霧が発生することが多い[2]。浜中町琵琶背の展望台からは、霧多布湿原や太平洋に島のように突き出た霧多布岬が一望することができる[2]。終点付近は厚岸町の市街地を通る。

通過する自治体

交差する道路

別海町

浜中町

厚岸町

沿線

脚注

[ヘルプ]

出典

  1. ^ 北太平洋シーサイドライン”. 北海道 根室振興局. 2015年7月7日閲覧。
  2. ^ a b c 須藤英一 2013, pp. 28-29.

参考文献

関連項目