主要地方道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
北海道道128号標識
北海道道128号 札幌北広島環状線
主要地方道 札幌広島環状線
実延長 16.0 km(枝線を除く)
制定年 1988年
起点 札幌市西区宮の沢1条5丁目【地図
終点 北広島市共栄【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0005.svg 国道5号
Japanese National Route Sign 0012.svg 国道12号
Japanese National Route Sign 0231.svg 国道231号
Japanese National Route Sign 0275.svg 国道275号
Japanese National Route Sign 0274.svg 国道274号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

北海道道128号札幌北広島環状線(ほっかいどうどう128ごう さっぽろきたひろしまかんじょうせん)は、北海道札幌市西区北広島市を結ぶ道道主要地方道)である。札幌市域は札幌市管理路線。

概要

札幌市の市街地の北側外縁を通り江別市、北広島市とを結ぶ。路線名は環状線となっているが、起終点は大きく離れている。

2010年平成22年)3月に策定された「道央都市圏の都市交通マスタープラン」では、北海道道46号江別恵庭線とあわせて「札幌圏連携道路」を構成し、道央圏連絡道路を補完する路線として位置づけられている[1]

江別市内に枝線が存在する。本線・枝線ともに未開通区間があり、札幌市東区中沼町から豊平川を挟んで江別市角山までの区間は未開通である。

路線データ