北陸地方のデータ
4県の合計
日本の旗 日本
面積 25,205.60km2
国勢調査人口 5,444,797
(2010年10月1日)
推計人口 5,211,999
(直近の統計[† 1]
人口密度 206.8人/km2
(直近の統計[† 1]
北陸地方
3県の合計
日本の旗 日本
面積 12,622.14km2
国勢調査人口 3,069,875
(2010年10月1日)
推計人口 2,966,942
(直近の統計[† 1]
人口密度 235.1人/km2
(直近の統計[† 1]
北陸地方

北陸地方(ほくりくちほう)は、本州中央部に位置する中部地方のうち日本海に面する地域である。新潟県富山県石川県福井県の4県[1]、あるいは富山県、石川県、福井県の3県を指す[1]。区別のため前者を「北陸4県」「新潟県を含む北陸地方[2]」、後者を「北陸3県」などと表現することがある。北陸3県の繋がりについては「北陸3県について」の節を参照。

名称は、畿内から見て北方にある五畿七道北陸道に由来し、中世以前では、この地域を北国(ほっこく)と称していた。

範囲

北陸地方の範囲は、新潟県から福井県まで東西におよそ400kmあり、細く長い。歴史的に古代の「越国」と呼ばれた地方を多く含み、若狭国から越後国までの範囲におよぶ。明治時代頃までは「ほくろく」と読まれていた。この北陸地方の道路を指して「越路」「北陸道」と呼ぶ事もある。

中央省庁各省の出先機関の管轄範囲は北陸地方を一律に管轄区域としているものばかりではない。[† 2]。新潟県は関東の一部あるいは関東甲信越信越東北とする例がある。福井県は近畿とする例がある。

スポーツ大会や国政選挙では人口が比較的少ないため長野県を含めた北信越地方(北陸信越)として組み合わせることが多い。

自然地理

北陸地方の主要地形
北陸地方の主要地形
三国山脈
呉羽山からみた冬の富山市街と立山連峰
常願寺川
砺波平野の散居村
厳冬期の十日町市役所

雪国として有名な地方である。シベリア寒気団が山脈にぶつかる事で冬の大雪と春からの雪解け水をもたらす日本海側気候を呈している。特に新潟県南魚沼市上越市の周辺は、日本で五指に入る豪雪地帯となっており、スキー場が多く立地している。越後湯沢妙高高原など、大規模なスキー場も集中する。沿岸部と内陸部では積雪量に大きな差がある。代表的な山麓として、日本三名山に数えられる、立山連峰(富山県)と白山(石川県・福井県)が挙げられる。