博多港
Hakata Port.jpg
上空から見た博多港・東浜埠頭
博多港の位置(日本内)
博多港
博多港の位置(福岡県内)
博多港
博多港の位置(東シナ海内)
博多港
博多港の位置
所在地
日本の旗 日本
所在地 福岡県福岡市
座標 北緯33度36分18.48秒 東経130度23分50.69秒 / 北緯33.6051333度 東経130.3974139度 / 33.6051333; 130.3974139座標: 北緯33度36分18.48秒 東経130度23分50.69秒 / 北緯33.6051333度 東経130.3974139度 / 33.6051333; 130.3974139
詳細
開港 7~8世紀以前
管理者 福岡市
係留施設数 コンテナ 2バース[1]
水深 ~15m[1]
統計
統計年度 2012年
貨物取扱量 3253万トン[2]
コンテナ数 85万TEU[2]
公式サイト 福岡市港湾局

博多港(はかたこう)は、福岡県福岡市にある港湾。港湾管理者は福岡市。港湾法上の国際拠点港湾港則法上の特定港に指定されている。 博多湾に面している。1899年8月4日に開港した。古くは、那の津・那大津・博多津と呼ばれていた。三津七湊

近年、博多港は九州地域の経済を支える中枢港湾として、東アジア諸港における国際競争力の確保から国際海上コンテナターミナルの整備を進めており、高度物流の拠点港湾を形成している。外貿コンテナ取扱個数国内第6位。

外国人旅客数およびクルーズ船寄港数は日本一となっている。また、神戸港より西の西日本では貿易額、コンテナ取扱量ともに首位である。

概要

364日・24時間入出港及び荷役が可能であり、北米欧州航路のコンテナ船などが寄港する。また、福岡空港都市高速が近くにあるため、都心からの利便性が高い。他にも、海岸沿いには福岡国際センターマリンメッセ福岡福岡国際会議場などのコンベンション施設があり、福岡ドーム福岡タワーなどの観光施設、シーサイドももちといった新都心も博多湾の沿岸に集中している。

旅客港として韓国や中国に近い博多港は、韓国・釜山との間に高速船を運航するなど需要も多く、外国航路の旅客数は日本一の港である。

海上保安庁発行の海図では西戸崎西端(志賀島橋橋台)から能古島北部也良岬を経由し今津の碁石鼻南側を結ぶ線を港界と定める。箱崎ふ頭から荒津までの防波堤の内側を第1区と定め、香椎ふ頭(香椎かもめ大橋橋台)と東区西戸崎南東端を結ぶ線の北側を第2区、残りの海域のうち能古島南部と小戸妙見岬を結ぶ線の東側を第3区、西側を第4区と定めている。

博多湾内は水深確保のため能古島と大岳(海の中道)の間から浚渫による航路が設定されており、ここからパイロットが乗船する水先区となる(強制水先区ではない)。航路は西戸崎沖から、アイランドシティや香椎パークポート方面への「東航路」と、荒津地区~東浜ふ頭方面への「中央航路」に分かれる。

なお「福岡港」という呼称は明治から昭和初期まで、現在の福岡船溜(中央区)を指していたもので、ここは古くから荒戸(波戸)と呼ばれ、江戸時代福岡藩はここを整備して御座船や長崎警備にむかう長崎番船を出入港させていた。また明治から昭和初期における「博多港」の呼称は博多の港(現在の築港本町・石城町付近)を指していた。「福岡港」の呼称は博多臨港線貨物駅名「(貨)福岡港駅」として残っていたが、それも1998年廃駅となり、跡地にはJR貨物が運営する立体駐車場スーパー銭湯が建てられた。

1994年から2006年まで博多港にはアメリカ海軍イージス艦が計14回寄港している。2004年まで第7艦隊所属アーレイバーク級ミサイル駆逐艦「DDG-56 ジョン・S・マケイン」が須崎ふ頭に、2006年には「DDG-62 フィッツジェラルド」が箱崎ふ頭に接岸した。寄港中に艦内閲覧が行われたこともあったが、2006年の寄港では報道関係者のみの内覧に制限された。

主な地区・施設

中央区西公園より港内を望む。
  • 荒津地区(中央区)
    128基の貯油施設のある石油中継基地。年間取扱量475万トン(2005年)。
  • 須崎ふ頭(中央区)
    ムギトウモロコシなど穀物や、鋼材・木製品・豆類を扱う。
  • 博多ふ頭(博多区)
    国内定期航路や福岡市営渡船のターミナルを備えた複合施設。2011年3月27日より水上バス「福博みなとであい船」も発着。[3][4]
国際ターミナルに停泊中の「ニューかめりあ」
国際ターミナルに停泊中の「ニューかめりあ
国際ターミナル入口
国際ターミナル入口
第2ターミナルと博多ポートタワー
第2ターミナルと博多ポートタワー
  • 中央ふ頭(博多区)
    国際航路用施設「博多港国際ターミナル」やマリンメッセ福岡がある。そのほか高度化倉庫を備え、車両・農産品・パルプ・水産品を扱う。マリンメッセ福岡の横には、1996年3月に建立された博多港引揚記念碑「那の津往還」が聳える。博多港は1945年10月に引揚援護港に指定され、1947年4月までに139万人を受け入れ、50万人の在日コリアン在日中国人がここから国許へ帰還した。
  • 東浜ふ頭(東区)
    砂利セメントLNG鉄鋼・石油製品を扱う。
  • 箱崎ふ頭(東区)
    穀物や青果などの食品、木材、自動車を扱う博多港最大の埠頭。食品加工団地や大規模流通センターも整備。都市高速箱崎ランプ貝塚ジャンクションに直結し、JR貨物博多臨港線福岡貨物ターミナル駅に隣接する。エチレンガスによるバナナ追熟加工場もある。
  • 香椎パークポート(東区)
    博多港の国際物流拠点化を想定した、24時間稼動の外内貿ターミナル。香椎かもめ大橋で箱崎ふ頭と接続。外貿ターミナルは5万トン級のコンテナ船に対応し、4基のガントリークレーントラックごと検査可能な大型X線コンテナ検査場を備える。ラグビーチームのコカ・コーラウエストレッドスパークスのホームグラウンド「さわやかスポーツ広場」や、アビスパ福岡株式会社の本社を兼ねる「福岡フットボールセンター」などのスポーツ施設も備える。
  • 福岡アイランドシティ(東区)
    香椎パークポートの対岸に造成された港内最新のターミナル。貨物取扱量増加や船舶大型化に対応し、5万トン級のコンテナ船1隻と6万トン級のコンテナ船2隻が同時に接岸できる。大型ガントリークレーン5基やトランスファークレーン19基を備える。2010年7月から、港湾荷役時の二酸化炭素排出削減を図る国の実証実験事業としてトランスファークレーンの電動化を行うこととなり[5]、ターミナル内のクレーンの走行路に集電レールを設置し、7月時点で使用中のディーゼル電気駆動クレーン13基を地上給電方式併用に順次改造した[6]。2010年11月には、世界初となるリチウムイオン電池搭載の完全電動型クレーン4基が新たに導入され[7]、2010年12月20日から電動化クレーン17基体制での本格稼働を開始した[8]
  • シーサイドももち(中央区・早良区)
    ウォーターフロント開発地区。福岡タワー福岡市総合図書館福岡市博物館などのほか、報道関連各社、情報関連企業、情報技術研究開発機関、高層オフィスビル、マンションが立ち並ぶ。シーサイドももち海浜公園にはマリゾンがある。
  • 西福岡マリナタウン地区(西区)
    臨海型大規模住宅地。戸建・集合住宅あわせて約3000戸。福岡女子高や愛宕浜小などの教育施設もある。姪浜旅客待合所(能古渡船場)がある。
  • 小戸地区(西区)
    西福岡マリーナ、複合商業施設・マリノアシティ福岡、西部水処理センターがある。西福岡マリーナは収容隻数870隻の艇置場で、60ft級まで対応可能なメンテナンスハウスなどを備える。マリノアシティ福岡には1台の観覧車がある。
  • 小戸ヨットハーバー(西区)
    正しくは福岡市立ヨットハーバー。浮桟橋188隻、艇置場350隻、艇揚場65m。隣に小戸公園がある。
  • 福浜地区(中央区)
    伊崎漁港に接して人工海浜がある。
  • 能古地区(西区)
    市街地と能古島を結ぶ渡船が利用する港がある。観光客が多く利用する。
  • 西戸崎地区(東区)
    市街地と海の中道の西戸崎を結ぶ渡船が利用する港がある。隣にジャパンオイルネットワーク福岡油槽所がある。
  • 博多漁港(中央区)
    福岡県が管理する特定第3種漁港。利用漁船実数は1674隻、陸揚量は46702トン(2004年時点)。併設されている長浜鮮魚市場卸売が主であるが、一般消費者の見学や土産物購入、食事ができるほか、毎月第二土曜日の午前中は「市民感謝デー」として一般開放される[9]
  • 福岡船溜(中央区)
    周囲には福岡造船や食品(冷蔵)関連の民間施設が並ぶ。
  • 長浜船溜(中央区)
    須崎ふ頭と博多漁港の間。周囲には倉庫が並ぶ。

旅客航路

博多湾内航路

福岡市営渡船「きんいん3号」
  • 福岡市営渡船
    • 博多・志賀島航路 (博多埠頭第1 ‐ 西戸崎 ‐ 志賀島
    • 玄界島・博多航路 (玄界島 ‐ 博多埠頭第1)
    • 能古・姪浜航路 (能古島 ‐ 姪浜旅客待合所
    • 小呂島・姪浜航路 (小呂島 ‐ 姪浜旅客待合所)
  • 安田産業汽船
    • ももち・海の中道航路 (ももち〈マリゾン〉 ‐ 海の中道渡船場)
    • 博多・海の中道航路 (博多埠頭第1 ‐ 海の中道渡船場)
  • 海上タクシー(能古・姪浜航路)
    能古島 ‐ 姪浜旅客待合所

湾内クルーズ

西日本鉄道「マリエラ」

水上バス