合字(ごうじ、: Ligature)とは、複数の文字を合成して一文字にしたもの。抱き字連字[1]ともいう。ユリウス・カエサルの表記「Julius Cæsar」の「æ」が典型的な合字の例である。

総説

世界の様々な文字体系において、合字が考案され用いられてきた。国際音声記号 (IPA) にも合字が採用されている。

現代の欧文組版では、特定文字の組み合わせのときに、読みやすくする効果を狙って結合させることを合字と呼ぶ[2]

ラテン文字における合字のステージ

ラテン文字の代表的な合字

合字には、いくつかのステージが認められる。

  1. 筆記体の影響などから、デザイン上、単に複数の文字をくっつけて書いたもの。
  2. 活版印刷において、スペースを調整する目的(カーニング)により、いくつかの文字をくっつけた活字を作り、必要に応じて使用したもの。
  3. (fi), (fl) など、特定の組み合わせについて、統一的に合字を使うようになったもの。
    PC にあっては、文字コード体系によってはこれらの合字に独立したコードを与えており、一部の欧文フォントはそれに対応し、字形を持っている。一部の組版ソフト(DTPソフト)は、本来の文字コードと独立した文字コードを一括して、ないし自動で変換する機能を持っている。
  4. フランス語Œ, œ の様に、2つの文字の組み合わせである意識は残しながらも、綴りの中で必ずその合字を使うようになったもの。
  5. ドイツ語ß の様に、その文字に特別の役割を与え、1字として扱うようになったもの。
  6. アイスランド語デンマーク語ノルウェー語Æ, æ の様に、もとの文字から離れて新しい役割を持たせるようになったもの。
  7. フェロー語デンマーク語ノルウェー語Ø, ø (o + e) の様に、2字を重ねて書かれた結果、新しい役割を持つ字となったもの。
  8. オランダ語IJ/ij (IJ/ij) の様に、印刷上分かれて書かれたとしても1字と扱われるようになったもの。
  9. W/w (VV/vv, UU/uu) の様に、完全に独立した文字として多くの言語に迎えられたもの。
  10. & (et) や @ (ad) の様に、形を大きく変え、他の言語に記号ないし表意文字として迎えられるようになったもの。
  11. $ の様に、起源がわからなくなっているもの(ラテン文字の P と S を重ねたという説が有力)。
  12. Å, å の様に、縦に重ねた結果、上の文字が小さく書かれるようになったもの。
  13. Ä, ä, Ö, ö, Ü, ü の様に、縦に重ねて書いた結果、上に付けられていたものがに変わったもの(これらドイツ語のウムラウトの ¨ は e に由来する)。
  14. その他、? はラテン語の quaestio の最初と最後の q, o を縦に重ねたものであり、! は、ラテン語の io を縦に重ねた形とする説がある。

これらの合字が単語に含まれる場合、辞書などでどのような位置に並べるかは様々である。合字する前の位置に置く場合、独立した文字としてアルファベットに加えて並べる場合、また、ウムラウトの様にそれがないものとして並べる場合等がある。

合字の例

「招財進寶」(財運の到来を願う)の合字