国会(こっかい、:Reichstag、ライヒスターク)は、かつてのドイツ議会の名称。

国会の議場(1928年)

一般に日本では帝政ドイツ時代のものが知られているため帝国議会とも言われ、また各時代を反映して共和国議会と分けて称されることもある。

大日本帝国憲法下の日本の帝国議会もドイツ語では(Reichstag)と称される。

名称

「Reich」というドイツ語は「国」という意味で、「Reichstag」は国会、国議会、国家議会、ライヒ議会などの訳が当てられる。英語では一般に原語のまま知られているが、訳としては「Diet(国会。日本の国会も同様の訳)」が当てられる。ちなみに帝国を意味するドイツ語は「Kaiserreich」である。

宮廷会議(Hofrat)が元。この頃はまだ単にドイツ王の意見機関であって議会としての機能は有していなかった。「Reichstag」は神聖ローマ帝国時代に初めて開設された(帝国議会 (神聖ローマ帝国))。その後ドイツ連邦時代に「Bundestag(連邦議会)」となったが、北ドイツ連邦の時に再び「Reichstag」とされた。ドイツ国成立後は帝政ドイツヴァイマル共和政ナチス・ドイツと変わらず「Reichstag」であった。第二次世界大戦後は、東西分裂期及び東西統一後のドイツ連邦共和国ではドイツ連邦議会(Deutscher Bundestag)、ドイツ民主共和国では人民議会(Volkskammer)にとって代わられた。

現在でもベルリンのドイツ連邦議会の議事堂として使用されている建物の名称に残っている。

構成

神聖ローマ帝国

ドイツ王が重要事項を主要なドイツ諸侯に諮問する宮廷会議(de:Hofrat)が元。神聖ローマ帝国の領邦国家化が進むにつれて恒常的に開催されるようになった。12世紀末より帝国等族(議席権、発言権、議決権をもつ参加者)が飛躍的に増加し、金印勅書で明文化され、帝国議会(Reichstag)となった。金印勅書は神聖ローマ帝国の領邦国家化を著しく助長し、帝国議会を重要なものにした。帝国議会はドイツ諸侯をかろうじて帝国につなぎ止める役割を果たした。ドイツにおける身分制議会といえる。

ドイツ帝国

ヴァイマル共和国

各国会選挙詳細

歴代議長(Reichstagspräsident