国教が定められている国
  仏教

国教(こっきょう)とは、国家が保護し活動を支援する宗教のこと。国家宗教ともいう。

概説

国家はその教義を統治の根本原則とし、国家行事として儀礼を執行する。後期ローマ帝国におけるキリスト教イスラム国家におけるイスラム教などが代表的な例である。

国教に指定される理由としては、国家元首による信仰や国内における信徒の多さなどが挙げられる。現在の国教には一神教が多い。

近代国家では、憲法において政治と宗教また教会国家を分離(政教分離)し、信教の自由を保障している国がある。アメリカ合衆国[1]オーストラリア[2]日本[3]など。なお、イギリスと一部の北欧諸国は信教の自由を認めながらも、それぞれ英国国教会ルーテル教会国教に定めている(これらの教団に対してのみ政府は保護・支援を行なう)。イタリア1985年までカトリックが国教であったが、コンコルダート(政教条約)方式となった。

各国における国家と宗教の関係については、コンコルダート(政教条約)方式(イタリア,ドイツ)、優勢な宗教を尊重する寛容令方式(スイス、ベルギー、フランス、ブラジル)、政教分離方式(アメリカ、日本)があるが現実には重複する[4]
   同盟型・融合型・分離型という類型については政教分離を参照。

各国の国教

以下の各国の国教一覧には、特定の宗教の優位の公的承認を含む[4]

キリスト教