一般国道
国道231号標識
国道231号
総延長 129.7 km
実延長 129.6 km
現道 127.5 km
制定年 1953年指定
起点 北海道札幌市北区
北34西2交差点(地図
主な
経由都市
北海道石狩市
終点 北海道留萌市
元川町2丁目交差点(地図
接続する
主な道路
記法
国道5号標識 国道5号
国道274号標識 国道274号
国道337号標識 国道337号
国道451号標識 国道451号
国道232号標識 国道232号
国道233号標識 国道233号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
創成川通。北47条にて北を望む。
茨戸大橋の南(石狩市、2004年10月)
石狩市浜益区の海岸沿い

国道231号(こくどう231ごう)は、北海道札幌市から同道留萌市に至る一般国道である。

概要

陸の孤島や西の知床とも称された雄冬岬を通過する[1][2]。石狩市から留萌市までの区間は日本海オロロンラインの一部を構成し[2]、「萌える天北オロロンルート」の一部としてシーニックバイウェイ指定ルートとなっており[3]、多くの区間で日本海を眺望できる。また、国道232号と併せて札幌・稚内間の最短経路として機能しており、国道12号国道40号による旭川経由より約60 km短い[4]

路線データ

一般国道の路線を指定する政令[5][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。