坂井 大将 Football pictogram.svg
名前
カタカナ サカイ ダイスケ
ラテン文字 SAKAI Daisuke
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1997-01-18) 1997年1月18日(21歳)
出身地 長崎県長崎市
身長 167cm
体重 64kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 アルビレックス新潟
ポジション MF
背番号 50
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2015- 大分トリニータ 19 (0)
2014-2015 Jリーグ・アンダー22選抜 8 (0)
2017 AFCテュビズ (loan) 3 (0)
2018- アルビレックス新潟 (loan)
代表歴2
2013-2014  日本 U-17
2014-2017  日本 U-20 32 (3)
2018-  日本 U-23 3 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年1月22日現在。
2. 2018年3月25日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

坂井 大将(さかい だいすけ、1997年1月18日 - )は、長崎県出身のプロサッカー選手Jリーグアルビレックス新潟所属。登録ポジションはミッドフィールダー[1]

来歴

プロ入り前

中学校入学と同時に長崎市の親元を離れ、大分トリニータU-15へ入団[2]。大分U-18ではボランチやトップ下をこなし、質の高い前線への飛び出しや、正確なワンタッチプレーを得意とするユーティリティー選手として活躍[3]

2014年、トップチームに2種登録選手として選手登録[4]。同年7月13日天皇杯2回戦・ヴェルスパ大分戦にて公式戦デビューを果たすと、同試合の前半34分に自らが得たPKを決め公式戦初得点も記録した。このゴールは大分の公式戦史上最年少得点記録となった[5]。また同年10月には、英紙『ガーディアン』の「次世代の世界の若き才能40名」に日本人選手で唯一選ばれた[6]

プロ入り後

2015年より、正式にトップチームへ昇格[7]。2017年8月、ベルギー2部のAFCテュビズに期限付き移籍[8]。移籍期間は翌2018年6月末まであったが、ビザ取得の問題により出場機会を得るのが困難となった為[9]、AFCテュビズとの期限付き移籍を解消の上、新たにアルビレックス新潟に期限付き移籍[9]

日本代表

2012年から各年代別の日本代表に選出され、2013年にはFIFA U-17ワールドカップのメンバー入りを果たした[10]。代表では左右のサイドバックを務めて全4試合に出場し、チームの16強入りに貢献した[11]。2014年5月、2014 FIFAワールドカップ日本代表のトレーニングパートナーに杉森考起と共に選出され、大会直前合宿から本大会までチームに帯同した[12][13]。2016年10月、AFC U-19選手権の代表に選出された。

所属クラブ

ユース経歴
プロ経歴