安房国
地図 令制国 安房国.svg
-安房国
-東海道
別称 房州(ぼうしゅう)
安州(あんしゅう)
南総(なんそう)[1]
所属 東海道
相当領域 千葉県南部
諸元
国力 中国
距離 遠国
4郡32郷
国内主要施設
安房国府 千葉県南房総市
安房国分寺 千葉県館山市安房国分寺跡
安房国分尼寺 (未詳)
一宮 安房神社(千葉県館山市)
テンプレートを表示

安房国(あわのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。東海道に属する。

「安房」の名称と由来

古語拾遺』によれば、阿波国において穀物を栽培していた天富命は、東国により良い土地を求め阿波の忌部氏らを率いて黒潮に乗り、房総半島南端の布良の浜に上陸し開拓を進めた。そして阿波の忌部氏の住んだ所は、「阿波」の名をとって「安房」と呼ばれたという[2]。また、『古語拾遺』の説のほか、『日本書紀景行天皇53年10月条の東国巡狩の折の淡水門に因むとする説もある[3]

沿革

律令制以前この地域には、阿波国造長狭国造の2つの国造が置かれていた。律令制において令制国である上総国の一部となり、養老2年5月2日718年6月4日)、上総国のうち阿波国造と長狭国造の領域だった平群郡安房郡朝夷郡長狭郡の4郡を分けて安房国とした[2]。国造は「阿波」の表記であり、藤原京出土木簡に「己亥年十月上挟国阿波評松里」(己亥年は西暦699年)とあるなど、)の表記にもゆれがあるが、これに先立つ和銅6年(713年)の好字令で南海道の「粟国」が「阿波国」に変更されており「安房」の表記となった。天平13年12月10日742年1月20日)に上総国に合したが、天平宝字元年(757年)に元に戻され、東海道に属する一国となり、国級は中国にランクされる[2]

国府は現在の南房総市府中付近に置かれ、古代末期から中世にかけて丸氏長狭氏安西氏神余氏などの武士団が活動し、平安時代末期には源頼朝の再起の地となる。鎌倉時代守護は不明。室町時代の守護には結城氏上杉氏が就いた。15世紀半ば頃より里見氏が台頭し、戦国期には安房統一を果たして上総から下総の一部に至るまで勢力を張った。

豊臣秀吉による小田原城攻め以後は、安房一国が里見氏の領地となった。関ヶ原の戦いでは、里見氏は徳川家康を支援して加封を受けたものの、江戸幕府成立後の慶長19年(1614年)に里見忠義大久保忠隣改易に連座して伯耆国倉吉に転封。その後は、東条藩勝山藩上総百首藩北条藩館山藩などの諸藩と、幕府領旗本領が置かれた。村数は280ヵ村(天保期)。明治2年(1869年)安房では勝山、館山、北条の3藩に、新たに長尾藩花房藩の2藩が置かれた。この地の幕府領・旗本領は安房上総知県事・柴山典の管轄となり、翌年に宮谷県が置かれて柴山典が権知事となり、安房4郡の約5万6千石を管理した。明治4年(1872年)、廃藩置県によって木更津県に編入され、明治6年(1874年)木更津県と印旛県の合併により千葉県に編入された。明治30年(1897年)には安房国4郡が統合されて、千葉県安房郡に再編された。

明治以降の沿革