安政(あんせい)は日本元号の一つ。嘉永の後、万延の前。1855年[1]から1860年までの期間を指す。この時代の天皇は、孝明天皇江戸幕府将軍は、徳川家定徳川家茂

改元

朝廷は「文長」を希望していたが、幕府の介入によって「安政」に差し替えられ、実施日も前将軍徳川家慶の月法要(毎月22日)終了後に変えられた[2]

安政年間の出来事

安政期には大きな地震が相次いで発生したが、安政伊賀地震安政東海地震安政南海地震豊予海峡地震は、「安政」への改元前の嘉永7年に発生した地震である。 このため、これらの地震は本来「嘉永の大地震」と称すべきだという見解がある[3]

一方、明治の改元にあたっては詔勅で「慶応4年(1868年)を明治元年と改元する」としており、慶応4年1月1日に遡って明治元年と改元されているのだから(立年改元)、これ以前も例えば、嘉永7年(1854年)は1月1日に遡り安政元年に改元されたとも解釈され、歴史年表も安政元年を採用しているので「安政の大地震」とすべきという見解もある[4]

また、日本史的大事件として江戸幕府崩壊の引き金となる安政の大獄桜田門外の変が起きた。

錦絵『新潟湊之真景』安政6年(1859年)井上文昌筆(新潟県立図書館蔵)