山北 篤(やまきた あつし)は、日本のゲームライター、ゲームデザイナー京都大学出身。

経歴

ゲームライターの細江ひろみは妻、ゲームミュージック作曲の細江慎治は義弟。

1980年頃、京都大学マイコンクラブ会員と共にネットワークを自力で構築し、対戦オンラインゲームを制作した。自身ではこれが世界初のネットワークゲームであったのではないかと考えている[1]

1980年代後半より、ライター集団怪兵隊の主要メンバーとなり、テーブルトークRPG(TRPG)関連の書籍や雑誌記事を多数執筆。また、1990年に脱サラし専業のライターとなり[2]、TRPGの製作や翻訳も行ってきた。1993年のF.E.A.R.社の設立にも参加し、以後同社の作品に関わった。日本のTRPG界における主要人物の1人である。

F.E.A.R.を退社後、デジタルエンタテインメントアカデミーにて数学講師を務めた(2009年3月閉校)。

作品の傾向

「理系デザイナー」を自称しており、彼のデザインするゲームは、世界観の再現のためにルールを作るのでなく、面白い判定システムを作ってからそれに世界観をあわせるという方法論を取ることが多い。

また、新紀元社の「Truth In Fantasy」を中心に、ファンタジーや神秘関連の雑学・資料本、TRPG関連の手引書など多数の著作がある。他に、ゲームプログラミングに関する数学についての解説書も執筆している。

著書

TRPG(製作)