岡山湯郷Belle
原語表記 岡山湯郷Belle
呼称 岡山湯郷Belle
クラブカラー    [1]
創設年 2001年
所属リーグ 日本女子サッカーリーグ
所属ディビジョン なでしこリーグ2部
ホームタウン 岡山県美作市
ホームスタジアム
Mimasaka1.jpg
岡山県美作ラグビー・サッカー場
収容人数 5,000
運営法人 一般社団法人岡山湯郷Belle
代表者 谷本有造
監督 亘崇詞(ゼネラルマネージャー兼任)
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
一般社団法人岡山湯郷Belle
前身 美作スポーツ&レジャークラブ(任意団体)→特定非営利活動法人 岡山湯郷Belleクラブ
設立年 2014年3月3日
種類 一般社団法人
法人番号 4260005009610
地位 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律
目的 サッカークラブ運営など
本部 岡山県美作市入田436-3 岡山県美作ラグビー・サッカー場
会長 谷本有造(代表理事兼任)
代表 萩原誠司(美作市長)
ウェブサイト http://www.yunogo-belle.com/
2014年3月3日に特定非営利活動法人 岡山湯郷Belleクラブから運営を移管。

岡山湯郷Belle(おかやまゆのごうベル)は、岡山県美作市をホームタウンとする日本女子サッカーリーグに加盟するサッカークラブ。チーム名のBelleはフランス語の「美人」「美女」などを意味する。

概要

岡山県美作ラグビー・サッカー場を活動拠点とし、美作町(当時)のスポーツの核をめざして県と町の官民一体となった地域支援、振興を狙いとした女子サッカーチームによる町おこしプロジェクトにより、湯郷温泉の従業員や市民が中心となって2001年に結成された。

結成当初は中国地域の大会に出場し、県内はもとより中国女子サッカーリーグなどの大会で新興勢力として躍進。その功績が認められ、2003年から日本女子サッカーリーグに加盟した。この年は1次リーグ(予選)西日本ブロック4位となり、決勝リーグは下位リーグに回る。その下位リーグは2位となり、上位4チームで行われた1回戦総当たりのプレーオフ「2004 L1参入チーム決定戦」に進出するも3位に終わり、2004年はL2に所属となった。

2004年のL2は、6チームによる3回総当りのリーグ戦を15試合14勝1敗で優勝。特に後半戦は10連勝し、L1自動昇格となるL2の初代優勝に輝いた。

2006年からは岡山県作陽高等学校(岡山県津山市)サッカー部に新設された女子チーム(愛称:作陽レディース)を下部組織(ユースチーム)としている。作陽高校は湯郷Belleの選手を職員として雇用し、選手は作陽レディースのコーチも兼任している。また、両チームでの合同練習も行う。

高校のサッカー部をクラブチームの下部組織にするのは全国初である。

2006年は4位に終わったが、8月27日に行われた「なでしこリーグオールスター」で4名が選出された。また、なでしこジャパンでは宮間あや(MF)と福元美穂(GK)が定着した。

12月から行われた第28回全日本女子サッカー選手権大会では、準決勝で日テレ・ベレーザを破り決勝進出。TASAKIペルーレFCとの対戦となった決勝戦(2007年1月1日)では0-2で敗れ準優勝となった。

クラブの運営は、クラブ設立から2009年3月31日までは美作市・岡山県サッカー協会・湯郷温泉旅館組合などが設立した任意団体「美作スポーツ&レジャークラブ」が行っていたが、2009年4月1日からは美作スポーツ&レジャークラブをNPO法人に移行する形で設立された岡山湯郷Belleクラブに移管された。その後、2014年3月3日からは岡山湯郷Belleクラブを一般社団法人に移行する形で設立された岡山湯郷Belleへ移管された。

2011年1月31日でクラブ創設以来10年に渡って監督を務めていた本田美登里が退任し、翌2月1日に2代目監督として、本田の読売ベレーザ時代の後輩でコーチ兼下部組織のBelle Kids FC U-15監督だった種田佳織が就任した。

2014年は10チーム総当たりによる1次リーグ「レギュラーシリーズ」を優勝し初のタイトルを獲得したが、その後行われた上位6強による決勝リーグ「エキサイティングシリーズ」では、浦和レッズレディースに及ばず、年間総合優勝は逃した。

2015年は開幕から成績が低迷し、成績不振の責任をとり種田佳織監督が5月31日付で辞任し、櫻井庄吾コーチが翌6月1日付で監督代行に就任し、10月7日付で正式に監督就任したが、2016年6月1日付けで、成績不振のため辞任。後任として結城治男が監督代行に就任したが[2]、2016年7月25日付で解任された[3](詳細は後述)。その2016年は4月24日の浦和レッズレディース戦に勝ったのを最後にシーズン終了まで13連敗を喫して、最下位の10位となり、なでしこリーグ2部降格が決定した[4]

スタジアム

ホームスタジアム

準ホームスタジアム

県外のホームゲーム開催

かつては、ファジアーノ岡山FCとダブルヘッダーでホームゲームを開催したこともある。

スタジアムDJ