広瀬 秀雄
(ひろせ ひでお)
生誕 1909年8月12日
日本の旗 日本 兵庫県姫路市
死没 (1981-10-27) 1981年10月27日(72歳没)
日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 天文学
研究機関 東京大学
埼玉大学
専修大学
出身校 東京帝国大学
主な業績 天体写真儀による小惑星彗星の観測
天文学史の研究
プロジェクト:人物伝

広瀬 秀雄(ひろせ ひでお、1909年8月12日 - 1981年10月27日)は日本の天文学者である。

人物

兵庫県姫路市出身。平山清次神田茂に師事した。

1932年東京帝国大学理学部天文学科卒業、

1949年 東京大学 理学博士 論文の題は「Research on the effect of the terrestrial locality on the positions of moving celestial bodies(運動する天体の位置に及ぼす観測地の影響)」[1]

1951年東大教授、1963年東京天文台長、1970年埼玉大学教授、1975年専修大学教授。

広瀬の弟子に高瀬文志郎冨田弘一郎がいる。

業績