後藤 象二郎
ごとう しょうじろう
Goto Shojiro.jpg
生年月日 1838年4月13日
天保9年3月19日
出生地 日本の旗 日本 土佐国高知城下片町
没年月日 (1897-08-04) 1897年8月4日(59歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京府
出身校 少林塾
前職 土佐藩士
称号 正二位
勲一等旭日大綬章
伯爵
配偶者 後藤磯子
子女 後藤貞馬
後藤猛太郎
岩崎早苗子
大江小苗
長與延子
親族 後藤正晴(父)
後藤保弥太(嫡孫)
川添象郎(曾孫)

内閣 第2次伊藤内閣
在任期間 1892年8月8日 - 1894年1月22日

日本の旗 第2代 逓信大臣
内閣 黒田内閣
第1次山縣内閣
第1次松方内閣
在任期間 1889年3月22日 - 1892年8月8日

大阪府の旗 官選第2代 大阪府知事
在任期間 1868年5月23日 - 1870年1月24日
テンプレートを表示

後藤 象二郎[1](ごとう しょうじろう、天保9年3月19日1838年4月13日) - 明治30年(1897年8月4日)は、日本幕末から明治時代の武士土佐藩士)、政治家、実業家。栄典正二位勲一等伯爵。土佐三伯の1人(他に板垣退助佐々木高行)。

幼名は保弥太、良輔。象二郎は通称は正本(まさもと)、後に元曄(もとはる)。は日曄、暢谷、雲濤、不倒翁など。雅号に暘谷、雲濤、光海、鷗公など。

生涯

生い立ち

後藤象二郎生誕地(高知市

土佐藩士・後藤正晴馬廻格・150)の長男として高知城下片町に生まれる。少年期に父を失い義理叔父吉田東洋に預けられて育ち、東洋が開いた少林塾に学ぶ。また柳河藩士の大石種昌大石神影流剣術を学び文武の業を修めた。

幕末

土佐藩士時代の後藤

安政5年(1858年)、東洋の推挙によって幡多郡奉行となる。万延元年(1860年)9月、土佐藩の大坂藩邸建築のための普請奉行を仰せ付けられる。文久元年(1861年)に御近習目付となるが、翌2年(1862年)に東洋が暗殺されると任を解かれた。文久3年(1863年)に勉学のため江戸に出て、開成所大鳥圭介英語を学び、会津藩士・高橋金兵衛航海術を学んだ。元治元年(1864年)に藩政に復帰した。前藩主で事実上藩政を執っていた山内容堂の信頼を得て大監察参政に就き、公武合体派の急先鋒として活躍した。

慶応元年(1865年)閏5月11日、武市瑞山を獄に断じ、次いで慶応2年(1866年)、藩命を奉じて薩摩、長崎に出張、さらに上海を視察して海外貿易を研究した。坂本龍馬と深く交わるようになったのはこの頃である。

慶応3年(1867年)、龍馬の提案とされる船中八策に基づいて将軍徳川慶喜に対し大政奉還論を提議。土佐藩の在京幹部である寺村道成真辺正心福岡孝弟らの賛同を得て、薩摩藩西郷隆盛大久保利通小松帯刀らと会談し薩土盟約を締結した。しかし、イカルス号事件の処理で土佐に乗り込んできた英国公使パークスとの交渉を命じられるなど時間を消耗したため、倒幕路線を歩む薩摩との思惑のずれから盟約は解消された。薩摩との提携解消後も大政奉還への努力を続け、10月3日に容堂とともに連署して大政奉還建白書を提出。10月14日に慶喜がこれを受けて大政奉還を行った。これらの功により、後藤は中老格700石に加増され、役料800石を合わせて計1,500石に栄進する。慶応4年(1868年)、天皇謁見に向かうパークス一行の護衛を勤め、パークス暗殺を計画して斬り込んできた浪士と抜刀して斬り合い、そのうち一人の朱雀操を討ち取る。この事件の功により、中井弘と共にイギリスヴィクトリア女王から恩賜のを贈られている。明治維新の功により賞典禄1,000石を賜る。

明治時代

新政府では大阪府知事参与左院議長参議工部大輔などの要職に就くが、明治6年(1873年)の征韓論争に敗れて板垣退助、西郷隆盛らと共に下野する(明治六年政変)。その後、板垣や江藤新平副島種臣らと共に愛国公党を結成し、民撰議院設立建白書署名の1人となる。

明治7年(1874年)、実業界に転身して商社蓬莱社」を設立する。約55万で政府から高島炭鉱の払い下げを受けて経営に乗り出すが、2年後には放漫経営のため破綻し、福澤諭吉の要請で三菱岩崎弥太郎に売却している[2]

明治14年(1881年)、自由党の結成に際しては、板垣に次ぐ副党首格で参加し大同団結運動を推進するが、後に政府への協力に転じる。明治16年(1883年)、福澤の要請で李氏朝鮮政府の金玉均を援護するため、フランス公使艦隊を借りて自由党壮士を組織し、朝鮮半島に送り込む計画を立てるも頓挫する。

明治20年(1887年)5月、伯爵を授けられる。進歩党結成にも尽力し、黒田内閣第1次松方内閣逓信大臣第2次伊藤内閣では農商務大臣などを歴任。しかし明治27年(1894年)5月、商品取引所の開設にまつわる収賄事件の責任をとって大臣職を辞した。

明治29年(1896年)夏頃、心臓病を患って箱根で療養につとめたが、翌明治30年(1897年)8月4日薨去。墓は東京都港区青山霊園にある。

評価

  • 吉田東洋 「我甥なれど後藤生は必ず藩のお役に立つべき者と存ず」[3]
  • 坂本龍馬
    • 「後藤は実に同志にて、人のたましいも志も土佐国中で外にあるまいと存候」
    • 「彼は才物である。彼は我と時勢を談ずるに、一言も既往の歴史に渉らず、恩讐共に、忘るる如く、杯酒の席に於ても、談柄を常に己れに属せしむ。真に才物である。我は、彼の才を利用して、吾党の志望を達せん」[4]
  • 福澤諭吉 「政府の現状を変え、諸悪をはらい清める、非常大胆の豪傑、満天下唯一の人物は後藤伯だけである」[5]
  • 後藤和子(象二郎室) 「後藤はあの通り大雑把ですから、誰にでもお交わりをしておりますため、随分望ましくない人も周囲におりますので、これだけが誠に心配でなりません」[6]
  • 尾崎咢堂
    • 「豪放闊達、人をして一見すぐに快感を起さしむる点においては、予が知人中後藤象次郎伯の右に出づるものはなかった。その言論振舞、何となく雄大な所があって、誠に愉快な人であった。伯の最も他人に異なる所は、過去を語らなかった一事だろう。未来に向って多大の望みをもってる人は、概して過去の語り方が少ないが、一概にそうばかりにも行かないものと見え、伊藤公の如きは、未来に向って、多大の望みを持っていたにもかかわらず、なお好んで過去を語った。大隈候と後藤伯とは、ドチラも容易に過去を語らなかった。特に後藤伯に至っては、過去を語ることが嫌いであったようだ。(大政奉還の事を語らせようとしたが)通り一片の答えをしたかと思うと、何時しか話題を他に転じてしまった。別段四角ばって、これを拒絶したわけではないが、何時の間にか、話を他に外らしてしまった。語ってもよさそうなものだが、語らなかった。不思議な人であった」[7]
    • 「ほんとの豪傑とは、こういう人かと思うような人であった。非常に豪放快活な性質であって、私が会った人々の中で、最も快感を与えたのは伯であった。その言論振舞、何となく雄大なところがあって、誠に愉快な人であった。それにあれほどの豪傑であって、妙なことは、字が上手で、懐素流をよほどよく書いた。おそらく維新の豪傑で、あれほどの能書家は他にはあるまい」[8]
  • 山田愛川 「その人物を形容するに一望千里天空海闊あたかも此の大磯の絶景にさも似たり。しかして君の過去を尋ね、その事跡を思い出すときは無限の感慨胸中に沸き出でて、思わず新鮮なる智識を得るに至ること、いわゆる故るきを温ねて新らしきを知るの趣きがあるからである」[9]